ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2022/10/25 掲載

ついにインフレ終焉の兆し? アマゾンやナイキら在庫爆増で迎えるのは「地獄の年末」

連載:米国の動向から読み解くビジネス羅針盤

記事をお気に入りリストに登録することができます。
米国の小売・製造業界で大きな異変が起きている。アマゾンが秋季では初めてとなる大型セールを実施した一方、小売大手のウォルマートやターゲットは数十億ドル規模でサプライヤーへの発注をキャンセル。高級路線を保ってきたナイキも異例の大幅値引きを行い、日本でも大きな話題を呼んだ。こうした異変の背景にある潮流とは何なのか。世界的なインフレが進む中で、これから年末商戦を迎える米小売・製造業界に何が起きるのか読み解いていく。

執筆:在米ジャーナリスト 岩田 太郎

執筆:在米ジャーナリスト 岩田 太郎

米NBCニュースの東京総局、読売新聞の英字新聞部、日経国際ニュースセンターなどで金融・経済報道の基礎を学ぶ。現在、米国の経済を広く深く分析した記事を『週刊エコノミスト』などの紙媒体に発表する一方、『Japan In-Depth』や『ZUU Online』など多チャンネルで配信されるウェブメディアにも寄稿する。海外大物の長時間インタビューも手掛けており、金融・マクロ経済・エネルギー・企業分析などの記事執筆と翻訳が得意分野。国際政治をはじめ、子育て・教育・司法・犯罪など社会の分析も幅広く提供する。「時代の流れを一歩先取りする分析」を心掛ける。

photo
これから年末商戦を迎える米小売・製造業界で起きている異変とは
(写真:ロイター/アフロ)

なぜアマゾンは秋の大型セールを初開催したのか

 アマゾンは10月11~12日、数十万点の値引き品を用意し、米国など15カ国のプライム会員を対象としたプライムデー同様の大型セール、プライム・アーリーアクセスセールを開催した。同社は売上が減少する夏場の販売促進策として2015年からプライムデーを実施してきたが、今回初めて秋季にも同様の大型セールを行った。これにより、下半期の大型セールはブラックフライデー・サイバーマンデーを加えて3回も行われることになる。

 一方、ライバルのウォルマートやターゲットも、プライム・アーリーアクセスセールの数日前に同様の大型セールをぶつけた。多くの小売チェーンにとり、通年売上の20~30%を占める極めて重要な時期が11月下旬から12月下旬の年末商戦なのだが、他社より先に消費者にお金を落としてもらおうと「年末商戦の前倒し競争」が顕著となっている。

画像
年末商戦の前倒しが顕著となり、競争が激化している
(Photo/Getty Images)

 実は、この前倒しは過去10年ほどで少しずつ進行していた。始まりは、感謝祭(11月の第4木曜日)の次の日の早朝に行われるはずのブラックフライデーが前倒しされたことだ。これは、競合よりも数時間前に消費者を自社店舗に集客し、たっぷり財布のヒモを緩めてもらうことで抜け駆けしよう、という作戦である。

 そうした中、2020年にコロナ禍、2021年には世界的なサプライチェーンの大混乱が発生した。小売各社は流通網の混雑を避けて納品時期を前倒しするとともに、年末商戦も前倒しした。事情を理解する消費者もそれを受け入れていた。

 しかし、物流の混乱が収拾しつつある2022年の年末商戦の前倒しは、2021年の時とは理由が異なる。まず、各社の売上の伸びがかなり減速しており、10~12月期の業績を改善する必要があることだ。

 たとえばアマゾンは2022年4~6月期の売上が前年比7.2%増だったが、同社20年の歴史の中で最も低い伸び率にとどまっている。10~12月期の数字を上げるには、ブラックフライデーとサイバーマンデーだけでは不足だという実情が、プライム・アーリーアクセスセールの実施という形で露呈したと言える。

 米金融大手バンクオブアメリカの分析によれば、プライム・アーリーアクセスセールの売上は57億ドル(約8,494億円)と、7月のプライムデーの75億ドル(約1兆1,176億円)を下回った。この先まだブラックフライデーとサイバーマンデーが控えているため、今回の数字には驚きはないが、そのブラックフライデーとサイバーマンデーの売上とどの程度の「共食い」を起こしているのかが、注目されるところだ。

 対するターゲットは4~6月期の売上で前年比90%の落ち込み、ウォルマートも2022年通年の売上予想を当初の前年比1%減から11~13%減へと下方修正している。

年末商戦の前倒しが導く“厳しすぎる末路”

 こうした売上低迷は、高止まりを続けるインフレが影響している。2019年10~12月期から2022年4~6月期にかけて、米国人の平均賃金が10.9%伸びたのに対し、消費者物価指数は13.7%も上昇、多くの世帯で実質収入が目減りしている。

 その結果として、米消費者の84%が「今年のホリデーショッピング(感謝祭翌日から年明けまでに行う買い物)では買い物点数を減らし、セールやクーポンを活用する」と、米金融メディアのバンクレートの調査に回答している。

 こうした事情から、各社は年末商戦の実施を早め、ライバルから売上のパイを少しでも多く奪うという激しい競争を始めたわけだ。

 これは一種の劇薬であり、ライバルたちが一斉に同じような行動に出ることで、「先駆け効果」が弱まる恐れが強い。そればかりか、アマゾンであればプライムデーやブラックフライデー・サイバーマンデーに対する消費者の期待感を薄めてしまい、長期的に自らの首を絞める結果になりかねない。

【次ページ】イメージを傷つけても値引きした「ナイキの真相」

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます