• 会員限定
  • 2022/04/21 掲載

ウォルマートやアマゾン、世界の小売業が「デジタルヘルス」に参入する納得理由と勝算

記事をお気に入りリストに登録することができます。
世界最大の小売企業として知られるウォルマート。Eコマース事業では過去2年で70%増益となり、アマゾンの大きなライバルに躍り出た。特に食品宅配サービスの分野ではコロナ禍で外出を控える人の利用が急増し、食品小売でも米国一の企業となった。しかし、ウォルマートの今後の成長を支える柱となりそうなのは、医療やヘルスケアにデジタル技術を活用する「デジタルヘルス」の分野だ。なぜ、米国一にして世界最大の小売企業がこの領域に注力するのだろうか。

米国在住ジャーナリスト 土方 細秩子

米国在住ジャーナリスト 土方 細秩子

米国在住のジャーナリスト。同志社大学卒、ボストン大学コミュニケーション学科修士課程修了。テレビ番組制作を経て1990年代からさまざまな雑誌に寄稿。得意分野は自動車関連だが、米国の社会、経済、政治、文化、スポーツ芸能など幅広くカバー。フランス在住経験があり、欧州の社会、生活にも明るい。カーマニアで、大型バイクの免許も保有。愛車は1973年モデルのBMW2002。

画像
新型コロナワクチンの接種を行っているウォルマート内の薬局
(写真:ロイター/アフロ)


ワクチン接種で一気に強まった「小売と医療」のつながり

 デジタルヘルスとは、デジタル技術を活用して医療やヘルスケアを変革する分野を指す。世界最大の小売企業「ウォルマート」と「デジタルヘルス」というと、あまり結びつきを考えられない人が多いかもしれない。


 安売りの量販店として米国だけではなく世界に進出しているウォルマートだが、全米に5000店舗以上を展開し、その多くが薬局を併設している。この利点を生かし、ローカルの顧客に処方箋薬のデリバリーサービスを計画し、自動運転ロボットによる「注文から30分以内の薬の宅配」なども目指していた。

 注目されたのは、新型コロナウイルスワクチン接種に同社の薬局網が最初に名乗りを上げたことだ。米国ではワクチンの打ち手確保のため、看護師、薬剤師などによる接種が可能となった。そこでウォルマートは店舗併設の薬局でワクチン接種を最初に始め、さらに独自のデジタルワクチン証明も提供した。

 今ではウォルグリーン、CVSファーマシーなどの薬局チェーンから、大手小売のコストコまでがワクチン接種を提供しているが、初期には政府による接種会場、大手病院チェーンなどと並び、ウォルマートでの接種が強く推奨されていた。それにより、米国では「ウォルマートと医療」というイメージが強まった感がある。

画像
コロナ禍での遠隔医療使用率の推移。パンデミック発生以来、遠隔医療の使用は着実に増加している
(出典:CivicScience)

なぜ世界一の小売業がデジタルヘルスに注力するのか

 ウォルマートは元々、未来の成長分野としてデジタルヘルスに注目していた。2021年の時点で「バーチャルケア」「処方箋薬のディスカウント宅配」「統一電子カルテシステム」「デジタルヘルス推進のためのスタートアップとの提携」などを掲げていた。ウォルマートによると、こうした試みは今後数年以内に低コストで信頼性があり、消費者のニーズに見合う複数チャンネルの医療ケア提供の実現を目指したものだという。

画像
ウォルマートが描く医療エコシステム


 ウォルマートのヘルス部門上級副社長、マーカス・オズボーン氏は「多くの米国人があまり健康に対し熱心ではないという指摘があるが、それは個人というより制度の問題だと考えてきた」と語る。米国にはまだ健康保険未加入の人がCDCの調査によると2021年で9.6%、健康保険を持たない子供は4.4%存在するという。

 また、保険を持っていたとしても、医師にかかるためにはアポイントが必要であったり、医師が求めるX線検査などを受けるためには保険会社からの承認が必要であったりなど、他国と比べると医療サービスを受けるまでが非常に煩雑だ。オバマ政権時代に始まった医療保険制度改革(通称オバマケア)についても、採算が取れないため撤退する保険会社や病院が続出し、機能しているとは言い難い。

 そこで、全米どこにでもあるウォルマートのような店舗に、薬局だけではなく簡単なケアを行う施設で医療活動と処方箋薬の提供を同時に行うことで、米国の医療制度を改革できるという意見は以前から存在した。特に安売りのリテールとして米国のマイノリティーへの浸透が強いウォルマートは、現在の米国の医療による人種的不平等を解決できる可能性がある。

【次ページ】関連事業者と続々提携。ウォルマートの戦略と目指す先は?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます