• 会員限定
  • 2022/09/02 更新

テスラ・ダイソン・ペロトンを徹底比較、凄すぎる「逆転の発想」と意外な「共通点」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
洗練された製品を使い込んでいると、ビジネスとテクノロジーの「交差点」が見えてくる。先進企業はこの交差点を巧みに活用した新しい発想で、顧客に喜ばれるビジネスモデルを構築し、収益を上げている。ポイントは、「顧客ペイン(不便さや不快さなどの困りごと)」×「テクノロジー」×「ビジネスモデル」を掛け合わせて考えている点だ。今回は、ダイソン(家電)、ペロトン(宅内バイクマシン)、テスラ(EV)の具体例を紹介しながら、これらの企業がどういった考えで、新しい仕組みを製品に組み込み、収益を上げて成功しているのか、ひも解いてみたい。

執筆:MBAエンジニア/Tech系YouTuber 倉嶌 洋輔

執筆:MBAエンジニア/Tech系YouTuber 倉嶌 洋輔

AI時代のキャリア生存戦略』著者。1985年生まれ。大学卒業後、ワークスアプリケーションズに入社し、エンジニアとしてキャリアをスタート。その後、転職し、スマホアプリのエンジニアやSEとなり、Tech領域の知見を広げる。MBA通学を機にビジネス系の知見を広げ、2017年に「テクノロジー×ビジネス」のマルチスキルを活かし、コンサルタントとして独立。法人向けに、グルメレビューサービス企業や東大系AIベンチャー、ゼネコン企業等をクライアントにしたコンサルタントとしての活動をしながら、一般向けにはYouTubeやUdemyを通して「ビジネスで使えるTech系リテラシー」を育てるための情報発信を行っている。

photo
ダイソン・ペロトン・テスラが構築した新しいビジネスモデルとは何なのか。また3社に共通することとは何か
(写真:ロイター/アフロ)

ダイソン:「売り切り」から「替え刃」モデルへの転換

 ハウスダストの軽度なアレルギー持ちの筆者は、空気清浄機をいくつも使ってきた。今までダイキンやシャープといった国産を何台も使用してきたが、最近買い足したのはDyson(ダイソン)だ。

画像
筆者が購入したダイソンのヒーター付き空気清浄機「Dyson Pure Hot + Cool HP04」
(筆者撮影)

 理由は、ユーザーエクスペリエンス(UX)の違いにあるが、そこにはビジネスモデルの転換も大きく関わっている。

 多くの国内メーカーの空気清浄機では、フィルターを取り出して掃除機などでほこりを除去するか、水洗いをする必要がある。ビジネスモデル的に見ると、空気清浄機はユーザーの買い切りの商品で、企業にとっての主な利益は売った時にのみ発生する。

 買い切りのため、ユーザーは空気清浄機のフィルターをメンテナンスしながら使い続ける。このメンテナンスの時に、顧客のペインが隠れている。掃除の際に集塵したほこりが舞うので、ハウスダストや花粉のアレルギー持ちの人にとってはとてもつらい作業になってしまう。

 これに対し、ダイソンの空気清浄機の場合、空気中からちりやほこり、ごみなどを取り除くために用いられるHEPAフィルターと、活性炭の2種類が一体化したフィルターが用いられており、これが使い捨てとなっている。フィルターの使用時間がモニタリングされ、1年程度使用すると、アプリや本体にフィルター交換の通知が来る。

 ユーザーとしては、たまったほこりをそのまま袋に入れて処分できる。つまり、メンテナンス時のペインを省略しながら、新品のフィルターにより、購入時と同じ清浄能力を手に入れられるUXになっている。

 ここで注目したいのは、顧客のペインを取り除きながら、売り切りモデルではなく消耗品を提供し続ける「替え刃モデル(ジレットモデル)」に転換し、サブスク的に収益を得るビジネスモデルにしている点だ。

 企業の収益面で見ると、筆者が購入したダイソンのヒーター付き空気清浄機は2020年当時7万7,000円で、フィルターは年1回交換の推奨で7,700円としている。つまり、10年使い続けると本体1つ分の売上が立つ計算だ。ユーザーとしても、高価な本体を毎年買い替えなくてもフィルターの買い替えにより新品の清浄能力を保てるのはうれしい。

 このように、顧客ペインを取り除きながら、テクノロジーの設計を変更して、ビジネスモデルの転換をすることで継続的な利益を上げられるようにしている。企業とユーザーの間にWin-Winの関係が生まれる逆転の発想と言える。

ダイソン:空気清浄機とは“真逆の”発想の掃除機

 従来、掃除機は本体購入後に紙パックを買い足し続ける替え刃モデルとなっていた。しかし、Dysonは掃除機の紙パックが必要な替え刃モデルから、消耗品が不要な脱替え刃モデルへと転換した。面白いことに、先ほど解説した空気清浄機とは真逆の方向にビジネスモデルを転換している。

画像
ダイソンの掃除機は、空気清浄機とは真逆の発想で、掃除機に紙パックが必要となる替え刃モデルから、消耗品が不要な脱替え刃モデルに転換
(筆者作成)

 このビジネスモデルの転換にも「ペインの解消」が隠れている。

 ダイソンの創業者であるジェームズ・ダイソンは、掃除をしていると紙パックが目詰まりし、吸引力が落ちることにペインを感じていた。彼は5127台もの試作品を作り、定期購入する紙パックが不要で吸引力の落ちない掃除機を開発。紙パックが膨らむ構造でなくなり、本体は大幅に小型・軽量化した。透明の容器にごみがたまり、ごみ箱に直接捨てられる掃除機を発明した。

画像
掃除機の紙パックが目詰まりして吸引力が落ちることから発想を得て、紙パック不要の掃除機を開発
(出典:ダイソン プレスリリース

 実際に使ってみると、吸引力が落ちないことに加え、紙パック式と違い、掃除の実績が目に見えるので、掃除の達成感を得ることもできる。買い足す必要のある消耗品が不要で、本体も小型化し軽いので、筆者は長期の海外旅行の際は持っていくことにしている。Airbnbで滞在すると、家によっては床がほこりっぽく掃除機も当てにならないので、非常に役に立った経験がある。

 ここでも吸引力が落ちるというペインを、テクノロジーで解消し、消耗品不要のビジネスモデルへと転換していることが分かる。

【次ページ】ダイソン・テスラ・ペロトンの創業者の「共通点」とは

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます