開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/11/30

NTTデータ、ゼロトラストセキュリティサービスをグローバルで提供開始

NTTデータ

photo

 株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、11月30日より「ゼロトラストセキュリティサービス」の提供を開始します。本サービスは、オフィスや自宅などの働く場所や、スマホやPCなどの端末を選ばない、昨今の柔軟な働き方に合わせた業務環境を提供します。さらに、多要素認証やログ監視などの技術による高セキュリティの確保、外部からのサイバー攻撃も迅速に検出・対応・復旧までが可能となるため、セキュリティインシデントの被害軽減に寄与します。

 NTTデータでは、日々高度化・複雑化するサイバー攻撃を経営リスクの一つと捉え、グローバルでセキュリティガバナンスを見直し、55カ国・地域の14万人が利用するゼロトラスト環境を導入しました。このたび、これらのノウハウをもとに、コンサルティングから構築・運用までを一気通貫で提供するサービスとして体系化し、各技術領域においてグローバルで多くの実績を有する戦略的パートナー企業とともに、NTTデータの1,000人のスペシャリストがサービス提供できる体制を構築しました。

 本サービスの提供により2025年度末までに、本領域においてグローバル全体で年間売上300億円を目指します。

■背景

 働き方が変化し、クラウドサービスやリモートワーク環境の利用が増加する中、高度化するサイバー攻撃への対策としてグローバル全体で高いセキュリティ環境の実現が急務となっています。サイバー攻撃は組織の最も脆弱(ぜいじゃく)な箇所が狙われるため、世界各国に複数拠点を持つ企業はグループ内のセキュリティ対策レベルを統一し、一定水準以上とすることが求められます。NTTデータでは、中期経営計画で掲げる「グローバルデジタルオファリングの拡充」の施策において、セキュリティを注力領域の一つとして取り組んでおり、このたび、ゼロトラストセキュリティのコンサルティングから構築・運用までを一気通貫でサポートするサービスの提供を開始しました。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!