開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/17

NEC、国内企業で最大規模となるAI研究用スーパーコンピュータの構築を開始

NEC

photo

 NECは、AIの世界的な開発競争が激化する中で優位性を維持・強化するため、AI研究用スーパーコンピュータの構築を開始し、2023年3月に国内企業で最大規模(注1)の580PFLOPS(注2)超となるシステムの稼働を予定しています。既に一部のシステム(100PFLOPS)についてNECの数百名のAI研究者が利用を開始しており、今後構築する480PFLPOSのシステムを加え国内最高峰のAIに特化した研究開発環境による、より高度な先進AIの迅速な開発に役立てます。また将来的には、お客様やパートナーとの共創により先進的な社会価値を産み出すAI研究のセンター・オブ・エクセレンスの実現を目指します。

 近年、AIのコアテクノロジーであるディープラーニングが急激に進化し活用領域が広がっています。またディープラーニングの開発に必要な演算量も拡大の一途を辿っており、社会全体のDXを進めるには多様な先進AIを迅速に創出できる大規模な計算資源が求められます。

 NECは、自社の数百名のAI研究者が利用できるAIスーパーコンピュータを、数十億円を投じて設計・構築します。本システムは、1ノード当たり8基のハイエンドGPU「NVIDIA A100 80GB Tensor コア GPU」を搭載した最新GPUサーバー116台(スーパーマイクロ社製)と、16PB超のEXAScaler高性能並列ファイルシステム(データダイレクト・ネットワークス社製)を搭載したストレージアプライアンスで構成されます。理論上の処理性能は580 PFLOPS超となり、数千万枚の画像を数分間で学習可能になります。またネットワークには、高速イーサネットスイッチ「NVIDIA Spectrum SN3700」を採用し、全サーバーを200GbEで接続してRoCE(RDMA over Converged Ethernet、注3)v2により超高速・低遅延での通信を行うことで、高速な分散学習を実現します。

 NECはオープンソースのコンテナ管理技術であるKubernetes(注4)を中核とした独自の構築技術によりこれらの先端ハードウェアとソフトウェア群を密に結合することで、高性能かつ利便性の高いシステムを実現します。

 NECは、VUCA(注5)の時代の社会課題にリアルタイム・ダイナミックに対処する先進AIを開発し、社会のDX、人間活動の知的・身体的な創造性や生産性の向上、持続可能な地球環境の実現を目指しています。このために、本システムを活用してお客様やパートナーとNECのAI研究者が集い先進的な社会価値を共創するAI研究のセンター・オブ・エクセレンスを実現します。NECは、2025中期経営計画で注力事業に定めたデジタル・ガバメント/デジタル・ファイナンス、グローバル5G、コア DXの各領域で安全・安心・公平・効率の社会価値を創造するとともに、未来の社会像であるNEC 2030VISIONを実現する次の柱となる成長事業を創出していきます。

(注1)2022年4月18日時点のNEC調査による。

(注2)コンピュータの処理性能を表す単位の一つ。ペタは1,000兆を意味し、1PFLOPSで浮動小数点演算を1秒間に1,000兆回可能なことを表す。

(注3)Ethernetで低遅延・高スループットの通信を可能にするRemote Direct Memory Access 技術。

(注4)コンテナ化されたアプリケーションの配備・管理等を自動化するためのコンテナ・オーケストレーションのための基盤。

(注5)V(Volatility:変動性)、U(Uncertainty:不確実性)、C(Complexity:複雑性)、A(Ambiguity:曖昧性)の頭文字を取った造語。先行きが不透明で将来の予測が難しい状態。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!