開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/06/30

安藤ハザマ、AIを利用したコンクリート打設の数量管理・時間管理システムを開発

安藤ハザマ

photo

 安藤ハザマ(本社:東京都港区、社長:福富正人)は、Avintonジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:中瀬幸子)の有するエッジAI(注1)技術を利用して、コンクリート打設の数量管理および時間管理を自動で行うシステムを開発しました。コンクリート打設にICTツールを駆使することで、さらなる省人化と品質確保を実現しました。

1.開発の背景

 コンクリート打設において、打設数量をリアルタイムで把握することは、打設ペースの確認と最終数量調整、打重ね時間の確認、戻りコン(注2)の低減のために非常に重要です。また、各ミキサー車(以下、「生コン車」)に対して「練り混ぜてから打ち終わるまでの時間」(以後、打設時間)を管理することも品質確保の面で重要になります。従来は専任の管理者を配置して行ってきました。

 近年、一度に大量のコンクリートを打設する工事が増えてきました。これらの工事では、複数の生コン工場から出荷されたコンクリートを数台のポンプ車を用いて打設する場合が多く、各ポンプ車に専任の管理者の配置が必要であることから人的負担が増します。そのうえ、トータル打設数量をリアルタイムに把握するためにはさらに工夫が必要です。

 そこで、省人化と品質確保の両立を目的として、ICTツールを駆使した本技術の開発を行いました。

注1:エッジAI

 端末(ここではインターネットに接続可能なネットワークカメラとminiPC)にAIを搭載し、その場でAI処理する手法のこと。画像などの大量データを送信する必要がないため、送信速度が速まり、リアルタイム性が高まる

注2:戻りコン

 現場からの注文に応じて出荷・納品されたが、余ってしまい打設されずに生コン工場に戻されるコンクリート

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!