開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/04/14

伝わる説明の型「CRF法」とは? 説得力が増す“簡単3ステップ”

元駿台予備学校講師で教育コンテンツプロデューサーの犬塚 壮志氏は、ビジネスパーソンなら知っておきたい「説明の型」は3つあると言います。そのうちの1つ、「CRF法」を実例を交えて解説します。「考えを端的に伝えたい」「説得力がほしい」場合に有効です。

これまでのエピソード

【+Book TV】犬塚壮志氏 エピソード集


今日の「本」

あてはめるだけで“すぐ”伝わる 説明組み立て図鑑』犬塚 壮志著、SBクリエイティブ


犬塚 壮志氏 プロフィール

教育コンテンツプロデューサー/士教育代表取締役。福岡県久留米市生まれ。元駿台予備学校化学科講師。大学在学中から受験指導に従事。業界最難関といわれている駿台予備学校の採用試験に当時最年少の25才で合格。独立後は、講座開発コンサルティング・教材作成サポート・講師養成・営業代行をワンオペで請け負う「士教育」を経営する。その中で、コンサルティング・プレゼン・営業商談・交渉・セミナー講演など、ありとあらゆるシチュエーションに必要な説明スキルを磨き上げる。
その傍ら、教える人がもっと活躍できるような世の中を創るべく、東京大学大学院で認知科学をベースとした研究も行う。モットーは「教育業界における価値協創こそが、これからの日本を元気にする」。
主な著書に、累計5万部越えのベストセラーとなった『頭のいい説明は型で決まる』、発売1カ月で1.5万部を突破した『感動する説明「すぐできる」型』、『神わかり!頭のいい説明力』(共にPHP研究所)、『「また会いたい」と思われる話し方』(朝日新聞出版)などがある。


「+Book TV」とは?

ビジネスパーソンに向けた書籍の著者に、「本」に基づいて疑問を投げかけるショートインタビュー番組。 キャリア、マネジメント、テクノロジー……あなたの日常にプラスになる知恵を、立ち読み感覚で。


そのほかの「+Book TV」シリーズはこちら

【+Book TV】沢渡あまね氏 エピソード集 #マネジメント


ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!