開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/20

樋口真嗣監督が語る『シン・ウルトラマン』制作裏側、追求したのは「あの頃のドキドキ」

5月13日から公開中の『シン・ウルトラマン』。ビジネス+ITでは、監督を務めた樋口真嗣氏に単独インタビューを行いました。『シン・ウルトラマン』がもっと楽しくなる制作の裏側など、樋口監督がここだけで語った単独インタビューの様子をお届けします。

<目次>
・『シン・ウルトラマン』で目指したもの
・試行錯誤して実感したオリジナルの偉大さ
・ウルトラマンならではのディテールの多様さ
・『シン・ウルトラマン』の見どころ

詳しい記事はこちら

 【独占】樋口真嗣監督に聞く、庵野秀明氏とシン・ウルトラマンで目指す「断絶の解消」
 樋口監督「今後はオリジナル作品も」、シン・ウルトラマンにも散りばめられたテーマ


樋口真嗣(ひぐち・しんじ)氏 プロフィール

1965年生まれ。東京都出身。高校卒業後、『ゴジラ』(1984年)で特殊造形に関わったことがきっかけで映画業界に入る。その後、庵野秀明氏らが設立したガイナックスに参加。95年公開の『ガメラ 大怪獣空中決戦』などの“平成ガメラ三部作”で特殊監督を務め、2005年に『ローレライ』で監督デビュー。以降、『日本沈没』(06年)、『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』(08年)、『のぼうの城』(12年)、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(15年)などの話題作で監督を務め、『シン・ゴジラ』(16年)では日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞。


あのキーパーソンがここだけで語った、生の言葉を大公開!
「BIT Movie Interview」これまでのエピソードはこちら

 【BIT Movie Interview】エピソード一覧


ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!