ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2023/01/06 掲載

ispace「月面着陸船打ち上げ」は何がスゴい? 歴史に名を刻める理由

記事をお気に入りリストに登録することができます。
日本のスタートアップが宇宙開発史にその名を刻む日が来るかもしれない。日本時間2022年12月11日16時38分、ispaceの月面着陸船(ランダー)がスペースX(SpaceX)のFalcon9ロケットで打ち上げられた。ランダーの月面着陸が成功すれば、民間企業としては世界初の快挙となる可能性がある。

執筆:井上榛香

執筆:井上榛香

宇宙ライター。宇宙開発や宇宙ビジネスを専門に取材・執筆活動を行うフリーライター。1994年生まれ、福岡県出身。小惑星探査機「はやぶさ」の活躍を知り、宇宙開発に関心を持つ。学生時代は、留学先のウクライナ・キエフで国際法を専攻した。

photo
ispace「月面着陸船打ち上げ」がスゴい理由(管制室で初期クリティカル運用完了を喜ぶispaceエンジニアの様子)
(出典:ispace 報道発表)

ロボットや実験機器を月面へ、ispaceの輸送サービスとは

 月面探査を計画するスタートアップ アイスペース(ispace)の月面着陸船(ランダー)が2022年12月11日、イーロン・マスクが代表を務める航空宇宙メーカー SpaceXの商業用打ち上げロケット「Falcon9」により打ち上げられた。ispaceの民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のミッション1にあたる。

 今回の打ち上げの目標は、同社のメイン事業である、探査・ 資源開発に資する「月の情報と地球-月輸送サービス構築に向けた技術検証」である。

画像
HAKUTO-Rランダー(イメージ)と7つのペイロード
(出典:ispace 報道発表)

 打ち上げられたHAKUTO-Rのランダーは、着陸脚を広げた状態で幅約2.6メートル、高さ約2.3メートル、重さ約340キロ。ランダーの上部には約30キロのペイロード(荷物)を搭載でき、ペイロードを地上から月面に運ぶ輸送サービスを行う。今回搭載されたペイロードは以下の7つ。



画像
変形型月面ロボット「SORA-Q」。変形前(左)と変形後(右) 
SORA-Q(JAXAとタカラトミー、ソニーグループ、同志社大学が共同開発)はタカラトミーの人気商品「トランスフォーマー」の技術を応用して開発
(出典:ispace 報道発表)

ミッションの現状、「23年4月末ごろの月面着陸」の理由

 HAKUTO-Rランダーはおよそ4カ月半から5カ月かけて月面に向かう。月面着陸は2023年4月末ごろになる見込み。アポロ計画では打ち上げから約3日で月面に到着していたことと比較すると、HAKUTO-Rランダーは月面着陸までに比較的長い時間がかかることがわかるだろう。ispaceは期間が長くかかるが、太陽の重力を利用して航行することで燃料を節約できるルートを採用し、HAKUTO-Rランダーの積載量を最大化している。

 ランダーはロケットから分離され、順調な航行を続けている。打ち上げ準備から月面着陸までのマイルストーンは10段階。2022年12月16日の時点で、マイルストーンの4段階目にあたる、予定の軌道にランダーを投入する「初期軌道制御マヌーバ(宇宙船の軌道を変えるべく推進システムを使用すること)」が完了、2023年1月2日にはミッション運用計画に沿って2回目の軌道制御マヌーバを実施したと発表している。

画像
ミッション1のマイルストーンとサクセスクライテリア
(出典:ispace 報道発表)

 また、HAKUTO-Rランダーに搭載されたカメラが撮影した画像データの取得にも成功し、ispaceはその画像を公開している。

画像
ランダーがロケットから分離した後約19時間後、遠ざかる地球をispaceのカメラが捉えた画像
(出典:ispace 報道発表)

ispace「月面着陸船打ち上げ」は何がスゴいのか?

 そもそもispaceとはいかなる企業なのか? これまでの歴史とともに振り返る。 ispaceは、2010年の創業(前身となるホワイトレーベルスペース・ジャパンの設立)より一貫して「民間による月面探査」を目指している企業である。

 ispaceの月面への挑戦が始まったのは12年前にさかのぼる。月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」の参加チーム「HAKUTO」として、月面を走行する探査車(ローバー)の開発を始めた。当初は2018年にローバーを打ち上げる予定だったが確保していたロケットの打ち上げを断念し、Google Lunar XPRIZEは月面走行を達成するチームが現れないまま、2018年3月に終了した。

 しかしispaceは諦めなかった。月面着陸と月面探査の2回のミッションを行う月面開発プログラム「HAKUTO-R」を始動させ、打ち上げに漕ぎ着けた。今回はHAKUTO-Rの第1弾(ミッション1)にあたり、独自のランダーの月面着陸を目指している。

 HAKUTO-Rランダーには、UAE(アラブ首長国連邦)の宇宙機関の月面探査ローバーやカナダ企業のAIのフライトコンピューターとカメラが搭載されていることから、輸送サービスのグローバル化を実現している。

 同社は、2017年12月に、シリーズAラウンドで当時の国内スタートアップ企業による資金調達では国内過去最高額となる101億5,000万円を調達、累計調達額は268億円に達するなど、宇宙ビジネスのスタートアップとして巨額の資金調達に成功している点も特徴だ。

 では、ispace「月面着陸船打ち上げ」はどんな点で「スゴい」のだろうか。注目すべきは「民間主導」「月面ビジネスを切り開いたこと」の2点だ。

【次ページ】なぜispaceは「SpaceX」と組んだのか?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます