• 会員限定
  • 2023/04/05 掲載

冷食ブームの裏で進む「物流倉庫の大変化」、賃貸を選ぶしかなくなった“切実事情”

連載:「日本の物流現場から」

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
テレワークや共働き・単身世帯の増加などで自宅での食事が増える中、空前の冷食ブームが起きている。事実、家庭用冷凍食品の国内生産量(重量ベース)は2020年に前年比11.4%増、2021年も3.6%増と右肩上がり。近所のスーパーマーケットなどを見ても、冷凍食品の売り場面積が拡大されているのではないだろうか。だが実は冷食需要が激変している裏で、冷凍冷蔵製品を扱う物流倉庫においては「所有から賃貸へ」という大きな変化が見られ始めている。
執筆:物流・ITライター 坂田 良平

執筆:物流・ITライター 坂田 良平

Pavism 代表。元トラックドライバーでありながら、IBMグループでWebビジネスを手がけてきたという異色の経歴を持つ。現在は、物流業界を中心に、Webサイト制作、ライティング、コンサルティングなどを手がける。メルマガ『秋元通信』では、物流、ITから、人材教育、街歩きまで幅広い記事を執筆し、月二回数千名の読者に配信している。

photo
冷凍冷蔵倉庫の変化は大きく2つ
(Photo/Shutterstock.com)

スーパーの「ライフ」も売り場拡大

 日本冷凍食品協会の統計資料によると、2021年における冷凍食品の国内生産量は重量ベースで102.9%、金額ベースで105.2%と2020年実績から増加する結果となった。中でも家庭用は、共働き世帯・単身世帯の増加や、最近ではコロナ禍による自宅での食事機会増加などで、2015年以降、右肩上がりで上昇を続けている。まさに「冷食ブーム」である。

 こうした状況を受けて、新規開店するスーパーマーケットでは、冷凍食品コーナーのスペースを大幅に拡大し、競合他店との差別化を図る動きも見られる。

 2022年9月にオープンしたライフ豊洲店では、冷凍食品やミールキットなどの種類を拡充。冷凍食品に至っては、売り場面積がライフ全店の中でも最も大きい面積を誇るという。

画像
スーパーの売り場面積でも感じられる冷食ブームの中で、冷凍冷蔵倉庫にも起きている変化とは
(出典:ライフ リリース

 スーパーなどが冷食の取り扱いを拡充していることが見て取れるが、こうした冷食需要の拡大とともに、冷食を取り扱う物流事業も変化しようとしている。

ある運送会社が下した「所有から賃借へ」という決断

 藤原運輸(大阪市西区)は、1935年に創業した老舗の物流企業である。その藤原運輸が、日本GLPが神戸市内で開発する2024年3月竣工予定の冷凍冷蔵物流施設を1棟まるごと借り受ける、と2022年10月に発表された。

 藤原運輸 支店長代理 石渡 大氏は、「六甲アイランド内(神戸市東灘区、神戸港内にある人工島)に自社冷凍冷蔵倉庫を保有していますが、竣工から30年が経過し、老朽化が進んでいます。設備の入れ替えを行おうとすると相応の投資が必要となるため、自社倉庫ありきではなく、賃借という選択が浮上しました」と説明する。

 冷凍冷蔵倉庫に限らず、もっと言えば倉庫だけではなく、不動産ビジネス全般の話なのだが、倉庫やオフィスビルなどを建設し、20年かけて減価償却した後、「後は賃料丸儲けだからね」と期待する不動産オーナーは少なくない。

 だが石渡氏は、「これからのビジネスを考えたとき、自社資産に縛られてしまうと、柔軟で素早い動きができない危惧もある」とこのような考え方に対する懸念を語る。

 冷食需要が激変した昨今において、倉庫も「所有」から「賃借」へと移行させることで、スピードの速い冷食ニーズの変化に対して柔軟に対応できる体制を整えようとしている。だがこれだけでなく、立地面においても大きな変化が見られるようになってきた。 【次ページ】冷凍冷蔵倉庫=湾岸のイメージが“ガラッと”変わるワケ

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます