• 会員限定
  • 2023/09/25 掲載

【独占】生成AIカオスマップ2023、分野別調査でみえた「128の使えるツール」とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ビジネスでAI(人工知能)の活用が必要不可欠になってきました。今年初頭からは、ChatGPTやStable Diffusionなどの生成AIが登場し、これまでとは比較にならないくらい「AIの現場活用」が見込まれています。一方、生成AI市場はまだ新しいマーケットのため、多くの人々がどのようなサービスがあるのか、正確に知ることが難しいのではないでしょうか。本稿では、企業のAI活用を推進する立場から国内外の生成AIツールをまとめたカオスマップ作成した木内 翔大氏が、現状を解説します。

執筆:10X 代表取締役 木内 翔大

執筆:10X 代表取締役 木内 翔大

10X代表取締役、GMO AI&Web3顧問、生成AI活用普及協会理事。1990年 東京都生まれ。小学5年生のときに担任の先生の一言でゲームプログラミングを始める。大学1年生でフリーランスエンジニアになり、複数のスタートアップで3年ほどWEBエンジニアを経験。「プログラミングで人生を変える」をコンセプトに2015年 株式会社SAMURAIを創業以来、「SAMURAI ENGINEER」という日本初のマンツーマン専門のオンラインプログラミングスクールで累計4万人以上を指導。 現在、「日本をAI先進国に」というミッションで、国内外のAI最新情報を発信している。Twitterのフォロワーは約5.6万人。Twitter:@shota7180

photo
生成AIカオスマップ2023
(出典:SHIFT AI)

「生成AI」の時代が到来、AIのビジネス活用が大きく進捗

 最初に、生成AIの活用状況・活用検討状況をみていきましょう。帝国データバンクが実施した「生成AIの活用に関する企業アンケート」調査によると、全国の企業のうち9.1%が生成AIを「業務で活用している」と回答し、52.0%が「業務での活用を検討している」と回答。合計で61.1%が生成AIの利用を考えていることがうかがえます。

画像
生成AIの活用状況
(出典:帝国データバンク報道発表
※アンケート期間は2023年6月12日~15日、有効回答企業数は1380社(インターネット調査))

 また「生成AIを活用している企業」の中には、「大企業」が13.1%と最も多く、次いで「中小企業」が8.5%、「小規模企業」が7.7%と続いています。つまり企業の規模が大きいほどAIの活用率が高いことを示しています。

画像
生成AIの活用状況
(出典:帝国データバンク報道発表
※アンケート期間は2023年6月12日~15日、有効回答企業数は1380社(インターネット調査))

生成AIの現場活用が進む背景、「4つの観点」

 企業において生成AIの現場活用が進む背景を4つの観点から解説します。

  • 生産性の向上とコストの削減
  • 顧客満足度の向上
  • クリエイティビティの促進
  • AIの民主化

・生産性の向上とコストの削減
 生成AIは企業の生産性を向上させ、コストを削減する力強いツールとなります。ルーティンワークや高度な作業の自動化を通じて効率化を図りながら、人間がより重要な課題に専念する時間を確保します。たとえば、生成AIは大量のデータを分析し、レポートを自動生成したり、マーケティングコンテンツを作成したりすることが可能です。企業は効率化によりコストと時間を節約し、企業全体の生産性をを上できます。

・顧客満足度の向上
 カスタマーサービス領域でもその効果を発揮します。AIチャットボットは24時間365日、顧客の問い合わせに応答しその問題を解決できるため、レスポンス時間が大幅に短縮されます。 また個々の顧客の行動や嗜好を学習し、パーソナライズ化されたメッセージを生成します。これにより、顧客とのエンゲージメントを深め、顧客満足度を向上させることが可能です。

・クリエイティビティ
 生成AIは人間のクリエイティビティを刺激し、それを補完します。AIは無数のアイデアやデザインの提案を迅速に生成し、人間のブレインストーミングやアイデアの開発を助ける役割を持ちます。また、AIは人間が見落とす可能性のあるパターンを発見したり、新たな視点を提供したりすることができます。クリエイティブなプロセスを豊かで多様なものにし、高品質なアウトプットを生むための新たな道筋を提供します。

・AIの民主化
 AIは今や「作る時代」から「使う時代」へとシフトしています。初期のAIは、専門の技術者や大規模企業がAIを作ることに主眼が置かれていましたが、現在ではAIツールが広くアクセシブルになり、誰でも容易に使うことが可能となりつつあります。

 企業での生成AI採用が進むことで、個々がAIについて理解を深める機会を増やし、その恩恵を広範囲に享受できるようになります。

 これにより個人が自身の作業を効率化し改善するだけでなく、新たな可能性を追求する道が開かれ、サービスや企業、そして社会全体に価値を還元することも期待できます。

・AIの民主化:AI NativeとEmbeddding AI
 「AIの民主化」により、さまざまな業界や領域で生成AIツールが登場していますが、これらは大きくAI NativeとEmbedding AIの2つに区分されます。

 AI Nativeとは、初めからAI技術を組み込むことで開発されたサービスを指します。その設計や機能の中心にAIを位置づけており、通常はデータ駆動型のアプローチを用いて問題解決を行います。深層学習を利用した画像認識ツールや、自然言語処理を基盤とした会話型AIなどが挙げられます。

 Embedding AIとは、元々の機能や用途に更なる価値を提供するために、AI技術が後付けで組み込まれたサービスを指します。これらのツールは、AIが付加的な価値を提供する手段として使用され、製品やサービスの性能を強化したり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりします。例としては、AIを用いてユーザーの行動を予測するWebサービスや、AIを組み込んだ製品の製造ラインなどがあります。 【次ページ】「生成AIツール」を領域ごとに解説、全ツールへ紹介の付録も

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

大阪大学 石黒浩教授が語る、今すぐ国を挙げて「ChatGPT対策」を進めるべき理由

そうじゃない、累進の所得税では無く、フラットタックスに近い【収入税】を支持するよって所に製造業AIの確かさが生まれるんじゃないかと、想う。


実は良く解らない、資本課税がいいのか、資本取引税がいいのか??現代は重要な事と儲かる事を一致させない経済の中で暮らしているのでは?と想われます。【幸せの経済学】 経済(経世済民)には資本主義と、その反対愛情主義と、中道の効率主義が在ると想う。【幸せの税金(2023/8/21誕生)】 収入を分け合い、儲かって助かる経済は余裕を生むと想う。収入の再分配を図らず、所得の再分配で儲かった人が助ける経済は、儲からなくて助かるので、忙しく余裕の生まれ無い経済に為ってしまうだろう。重要な事は儲かるように、儲かる事は重要な事にしていくには、事業収入税を法人に課していく事が大事であると説く。2023/8/19~21・24~25
【愛情主義経済(2000/3/11pm4:30誕生)】を創ろう!!7割の企業が赤字なのは、【資本を掛けた儲からない事を求める、経費控除】が行なわれる経済で、どれもバブルしか生まないせいだ。【資本を掛けた儲け】を行なえるのは、経費控除が無いサラリーマンだけ。これで、解決付くだろうか?都会の人は、本当に温かい目を持って居るのだろうか?(愛の限界)愛ではなく、宗教と政治と経済を統合する、反対されない税金として生まれた、【愛の税金(1987夏誕生)】を求めよう。
七夕 :収入税を信じるのは、愚かなのだろうか?幸せを求める《愛の税金(イスラム教で、愛の恩返しの意味)》を創ろう。税金で愛を表現する経済である。私たちは労働の義務だけが在るのではなく、生活をする責任が有るのでは無いのか?豊かに働くだけではなく、豊かに生活をすべきなのだ。「健康で文化的な必要十分な生活を保障すべきだ。」義務・権利だけではなく、責任・評価・信頼に、基づいた憲法を創ろう。AIもまだ出来ない。破骨細胞と骨芽細胞で骨が出来ているように、「資本集積型発展」と、《資本分散型発展》の両方の資本の道がある。片方は資本を集中させて利益を得ていく資本家の利益を労働者と共に求める道、争う格差ある発展。片方は資本という富を分け合って暮らす、愛情家と云われる、幸せを求める情熱ある貧乏人の利益を生活者と共に求める道、争う格差なき発展。「効率を求める資本主義経済」と対になる《未来を求める愛情主義経済》を《愛情を求める民主効率主義経済》として、「担税力」と《担税責任》両方に答えを求める《収入税》を《経費課税》《逆人頭税(歳入逆税・1/10ベーシックインカム)》と共に求めて行こう。《金銭の流通には一定の生産性が要求される。》として。明治17年に提出された「収入税法律案」の再来として、「1%~3%の累進の収入税」もいいだろう。収入税・経費課税を0.1%~1%出し合って、《収入を分け合い儲かって助かる経済》を求めて視よう。所得税制による、「儲かって助ける、儲からなくて助かる資本主義経済」は、忙しく余裕がなくなる、緊急時の経済だったという事が分かる。通常時・恒久時の経済を「所得課税」と「資本課税」を止めることにより、高資本の生産性のある産業が生き残る経済が生まれる事だろう。高収入と低所得の人達が生き残る経済では無く、低収入と高所得の人達が生き残る経済へ進もう。担税責任を担税力に押し付ける経済はもう止めよう。「能力のある人が義務を負う。」のではなく、《責任のある人が責任を負う。》のです。《公益を求める費用は、私益を求める費用の多い人が、負担すべき。》なのです。また、「公益法人・民間法人・NPO法人」の他に、第4セクターとして、《共有体生活法人》を求めてそこに税の改革を持って行っても良いかもしれません。《生産費税》や《投融資資金税》《資本取引税》が必要とされる、《重要な事と儲かる事を一致させる事》を求める、「ポスト資本主義」へ!!みんなが儲かる事をしよう。儲からなかった人が助かるのは、本当にいい事なのだろうか?景気の底上げを図ろう。
農業収入税・事業収入税・金融収入税と云う、分野ごとに分けてもいい。
2023/2/14・3/30・5/17~18・6/15~17・7/13~15~20・7/26~27・8/7~12・18~21・23
☆~~LOVE SYSTEM~~☆
愛情主義経済へ!!
https://www.youtube.com/watch?v=2fYI-2EhwE4
小比類巻かほる「Hold On Me」MUSIC VIDEO
☆~~LOVE SYSTEM~~☆
愛情主義経済へ。

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます