• 会員限定
  • 2024/04/11 掲載

AWSなどクラウド「3強」時代はもう終わり?ガートナーが予想する2030年の未来

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
誕生から20年近く経つクラウド・コンピューティングは、今や社会で重要な役割を果たすようになっている。2024年現在、注目するべきクラウドの動向とは一体何なのか。そしてこれから先、企業がクラウド戦略を立てる上では、どのような点を意識するべきなのか。ガートナー ジャパン ディスティングイッシュトバイスプレジデント、アナリストの亦賀忠明氏が解説した。
執筆:フリーライター 翁長 潤

執筆:フリーライター 翁長 潤

ライター。2010年、IT製品・サービスに関する情報提供を目的とするWebサイトにて医療チャンネルの立ち上げに参画し、担当記者として医療分野のIT推進の動向を取材して記事を制作。2011年、日本医療情報学会認定の医療情報技師資格を取得後、病院・診療所向け合わせて30社以上の電子カルテベンダーを取材した実績がある。医療関連システムの製品情報や導入事例、医療IT政策・市場動向に関する取材を行ってきた。

photo
注目するべきクラウド動向を解説する
(出典元: Tada Images / Shutterstock.com)

2024年に注目すべきトレンドとは

 サービス誕生から約20年を迎えるクラウド・コンピューティングだが、現在はどんなトレンドが注目されているのだろうか。

 2024年のクラウド・トレンドとして「次世代サービス・ファクトリ」を挙げるのは、ガートナー ジャパン ディスティングイッシュトバイスプレジデント、アナリストの亦賀忠明氏だ。

photo
ガートナー ジャパン ディスティングイッシュト バイス プレジデント、アナリスト
亦賀忠明氏

 サービス・ファクトリとは、クラウド・ネイティブを中心とする多様な技術や方法論を包括し、アプリケーションやインフラをサービスとして提供する、いわゆる「サービス・デリバリ」フレームワークを指す。

 具体的にはクラウド・ネイティブ、DevOps、継続的インテグレーション/継続的デリバリ(CI/CD)」、「コードとしてのインフラストラクチャー(IaC)」、「サイト・リライアビリティ・エンジニアリング(SRE)」、「可観測性」などが含まれる。

 亦賀氏は「CI/CDの仕組みなどさまざまなサービスが誕生しており、調べすぎると沼にはまってしまいます。クラウド・ファーストとはスキル・ファーストであり、すべてのツールが必要ではないことを理解するべきです」と説明する。

「生成AI」とクラウドの関係

 ChatGPTなどのクラウドとして提供される生成AIサービスが急速に拡大している現在、サービス・ファクトリの主戦場は生成AIに移行している。

 たとえば、エヌビディアが2022年11月にマイクロソフトと共同でAzureにおける大規模AIスーパーコンピューターの開発を発表したり、AWSも「AWS Trainium」を開発するなど、LLM(大規模言語モデル)開発用途での新たなコンピューティング競争が始まっている。

 加えて、自社データへ生成AI機能を組み込んだり、外部ソースから取得した情報を用いて生成AIモデルの精度と信頼性を向上させる「RAG(Retrieval Augmented Generation)」なども台頭。自律エージェントが会話を始めて共同で「人」にサービスを提供する動きも見られる。

 亦賀氏は、生成AIをめぐる競争が今後分散クラウドへと向かうとの見解を示した上で、まだ実験的ではあるものの、IaCコード生成の自動化が2025年には当たり前になっている可能性があると予測する。すでにデジタル庁が、2023年6月からガバメント・クラウドの実証実験として、「Azure OpenAI Studio」を活用したIaCによるテンプレート開発に取り組んでいる動きもあるという。

画像
生成AIはクラウドにも影響を与えている
(出典:ガートナー(2023年11月))

 こうした状況に対応するためには、従来のIT戦略を転換するスタイル・チェンジが必要になる。亦賀氏は、そうした変革を実現する上で重要になるのはインフラエンジニアであり、インフラ周りを事業者に任せるというクラウドの捉え方をアップデートする必要があると強調する。

 「クラウドに移行すると、インフラ周りは全部クラウド事業者に任せてアプリケーションだけをやればいいと勘違いしている人もいるが、決してそんなわけではありません。アプリ開発者はビジネスロジックやロジック/UIにフォーカスしますが、クラウド全体のガバナンスやセキュリティ、パイプラインを考えるのは、インフラエンジニアの職務です。人材戦略として注力する必要があります」(亦賀氏) 【次ページ】 AWSなど「クラウド3強」に迫る「ある企業」

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます