• 会員限定
  • 2024/06/14 掲載

OpenAI・エヌビディアは「目の上のたんこぶ」…生成AI制覇ねらうマイクロソフトの絶望

連載:米国の動向から読み解くビジネス羅針盤

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
生成AI市場をめぐる熾烈な争いで中心的プレーヤーである米マイクロソフト。同社は、大規模言語モデル(LLM)分野で米OpenAIと、AI半導体分野で米エヌビディアと密接な相互依存関係にあることは有名だ。一方で、ともにマイクロソフトの潜在的なライバルでもあり、早晩「今日の友は明日の敵」になる可能性がある。エヌビディアに至っては、時価総額でアップルを抜きマイクロソフトに迫る勢いだ。そこで本稿では、マイクロソフトとこれら2社が競合するビジネスは何か、そしていつ友好関係が解消となる可能性があるのか、分析する。
photo
マイクロソフトとOpenAI・エヌビディアの関係は友か敵か
(出典元: JHVEPhoto / Shutterstock.com、VDB Photos / Shutterstock.com、Ascannio / Shutterstock.com)

生成AIブームの陰で「OpenAI・エヌビディア依存」

1ページ目を1分でまとめた動画
 ライバルの先頭を切る形で、華々しく生成AIブームに乗るマイクロソフト。だが、そのAIビジネスは外部取引先のイノベーションの力なしには成り立たない。

 たとえば、マイクロソフトがOpenAIの営利孫会社株式の49%を保有し、総額130億ドル(約2兆円)を超える膨大な出資金を投じる見返りに、OpenAIのLLMであるGPTをCopilotの基礎に据えた。これは、裏を返せばマイクロソフトがGPTをしのぐLLMを開発できなかったからだとも言える。

 また、クラウドベースのAI用スーパーコンピューター構築で、エヌビディアのA100やH100といったGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を大量購入した。GPUは慢性的に不足していて、なかなか調達が難しいのもあり、マイクロソフトはMaia 100やCobalt 100といったGPUを内製しようとしているものの、エヌビディア製品を超えるレベルに達しているとは言い難いものだろう。

 事実、下の図1が示すように、マイクロソフトはエヌビディアにとって、2023年11月~2024年1月の売上で推定15%を占めた最大の顧客だ。その割合は、メタやアマゾン、アルファベット、デルよりも大きい。

エヌビディアの顧客別売上構成(2023年11月~2024年1月)
顧客企業 売上における推定比率
マイクロソフト 15%
メタ・テクノロジーズ 13%
アマゾン 6.2%
アルファベット 5.8%
デル・テクノロジーズ 5.8%
スーパー・マイクロ・コンピューター 5%
図1:マイクロソフトが1位と、密接な関係は明らか
(米ブルームバーグ、英金融大手バークレイズ、英フィナンシャル・タイムズなどの資料を基に筆者作成)

 マイクロソフトは、主力事業に育てようとするAIビジネスの核心部分で、OpenAIとエヌビディアに深く依存している。だから、その関係性は「蜜月」に見える。

すでに「関係終了」が見えてきている

 だがマイクロソフトとOpenAI・エヌビディアの関係は、必ずしも蜜月ではなく、実は「片手で握手して、もう片方の手で殴り合い」をしているような側面が見られる。

 マイクロソフトとOpenAIおよびエヌビディアのライバル関係を、◎が表す「直接的な競争」、〇の「間接的な競争」、△の「潜在的な競争」、×の「競合しないが将来的な展開は未定」で整理したのが、下の図2だ。

マイクロソフトとopenAI・エヌビディアの競合関係
  大規模言語モデル(LLM) AI半導体開発 データセンター・AI工場 クラウド事業 企業顧客の重複 AI人材獲得
OpenAI 〇(共同開発) ×
エヌビディア ×
図2:マイクロソフトと親密な関係にあるOpenAIおよびNvidiaの競合関係をまとめ
(筆者作成)

 米ITニュースサイトのComputerworldで編集者を務めるプレストン・グララ氏の考察によれば、マイクロソフトがChatGPTを基盤にCopilotを構築する一方、OpenAIはAzureクラウド上でChatGPTの最高性能を発揮するなど、「腰の部分で癒着した結合双生児」である。

 そのため、アップルがiOS 18に搭載する生成AIにChatGPTを選んだことで、マイクロソフトが受益する。なぜなら、iPhoneユーザーがChatGPTを使うほど、ChatGPTの基盤クラウドであるAzureの売上が伸びるからだ。

 一方でグララ氏は、「サティア・ナデラCEOはすでに、OpenAIのテクノロジーでほしい部分をすべて吸収し尽くしたと考えている」と見る。事実、OpenAIはマイクロソフトとの関係が終わった後を見据えて準備をしており、マイクロソフトもOpenAIに対抗できるLLM開発に数十億ドル規模を投資している。

 両社による顧客の奪い合いは始まっており、いつCopilotがChatGPTの直接の敵となってもおかしくない状況だ。

画像
次のページでは、マイクロソフトとエヌビディア・OpenAIの現在と今後の関係性の変化などについて解説します
【次ページ】CopilotとChatGPT Enterpriseが「顧客を奪い合い」

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます