開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2009/08/13

マイクロソフトとノキア、企業向けモバイル分野で提携を発表

ソフトウェア最大手の米マイクロソフトとスマートフォン最大手のノキアは12日、エンタープライズ向けモバイルソリューション分野で提携すると発表した。

 ソフトウェア最大手の米マイクロソフトとスマートフォン最大手のノキアは12日、エンタープライズ向けモバイルソリューション分野で提携すると発表した。

 マイクロソフトのOffice製品、Liveブランドで展開するコミュニケーションサービス、ビジネス向けのコミュニケーションツールを、ノキアのスマートフォン向けOS「Symbian」上で展開する。また、これに伴い、専任のチームを両社の中に創設するという。

 マイクロソフトは、スマートフォン向けのOSでWindows Mobileを展開しており、ノキアとは競合関係にあたる。ただし、ノキアは、すでにExchage連携のライセンスを取得しており、Symbian上の一部で連携が行われている。今回の提携に伴い、こうした機能連携を進め、これまでWindows Mobileのみで提供してきたMicrosoft WordやPowerPoint、Excel、OneNoteといったOffice Mobile製品や、ユニファイドコミュニケーションソフト「Microsoft Office Communicator Mobile」、企業向けコラボレーションポータルソフト「Microsoft SharePoint Server」、統合管理ソフトウェア「Microsoft System Center」をSymbian上で利用可能にする。

 スマートフォン市場は、iPhoneを展開するアップルが大幅に躍進しているほか、ビジネス向けではBlackBerryを展開するRIMが人気を博しており、先進国では頭打ちが目立つ携帯電話市場では伸びているマーケットで、競争が激化している。

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!