開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2009/11/11

IT投資の効果は?:CIOへのステップアップ財務・戦略講座(3)

大塚商会から読み解く

IT投資ほど効果が分かりにくいコストはないでしょう。古いシステムを新規に更新したからといっても、その投資を回収できるとは限りません。あるいは、多額の投資をしてシステムを更新しても、仕様が複雑すぎて、かえって業務の妨げになってしまう場合もあります。何をもってIT投資の効果とするのか、今回は、このIT投資の効果について考えてみましょう。

フューチャーブリッジパートナーズ 長橋賢吾 編集:編集部 松尾慎司

フューチャーブリッジパートナーズ 長橋賢吾 編集:編集部 松尾慎司

2005年東京大学大学院情報理工学研究科修了。博士(情報理工学)。英国ケンブリッジ大学コンピュータ研究所訪問研究員を経て、2006年日興シティグループ証券にてITサービス・ソフトウェア担当の証券アナリストとして従事したのち、2009年3月にフューチャーブリッジパートナーズ(株)を設立。経営コンサルタントとして、経営の視点から、企業分析、情報システム評価、IR支援等に携わる。アプリックスIPホールディングス(株) 取締役 チーフエコノミスト。共著に『使って学ぶIPv6』(アスキー02年4月初版)、著書に『これならわかるネットワーク』(講談社ブルーバックス、08年5月)、『ネット企業の新技術と戦略がよーくわかる本』(秀和システム、11年9月)。『ビックデータ戦略』(秀和システム、12年3月)、『図解:スマートフォンビジネスモデル』(秀和システム、12年11月)。
ホームページ: http://www.futurebridge.jp

なぜIT投資の効果が分かりにくいのか

 なぜ、IT投資の効果が分かりにくいのでしょうか?筆者はシステム・インテグレータ、企業の情報システムご担当の方としばしば議論した経験があります。その中での共通の見解は、IT費用の効果がわかりにくいのは、「すでにIT(情報システム)が社内に導入されているから」です。

 たとえば、コンピュータの最初の利用例と言われているのが、19世紀末の米国の国勢調査でした、当時、米国全土からの人口統計データを手作業で集計していたため、1880年の国勢調査では集計に9年もかかったと言われています。当時の発明家ハーマン・ホレリスは、この問題に対して、各データをパンチカードに記入し、そのパンチカードを電気的に読み取るタビュレーティングマシンを発明しました。この結果、1890年の国勢調査では、10年かかった集計が2年で終わったと言われています。

 この場合のIT投資の効果は極めて明瞭です、すなわち、手作業での集計からコンピュータを導入することによって集計期間を大幅(10年→2年)に短縮することができました。一方、ここ20年あまりで、企業を取り巻くIT環境は大きく変化し、まったくコンピュータを使っていない企業の方が少数で、ほとんどの大企業、中堅企業では情報システムが導入されています。情報システムが存在しない状況から情報システムを導入した場合の効果はわかりやすいですが、すでに情報システムがある場合の置き換えや更新は、その効果がわかりにくいということです。

 この場合の「投資対効果」の測定は容易なことではありません。この際の「投資」とはITにかかわるコストで、これは把握しやすいですが、問題はその「効果」です。何をもって効果とするのか、「システム更新でなんとなく使いやすくなった」というのも効果ですし、あるいは「業務がわかりやすくなった」というのも効果です。ただし、これでは誰もが納得できる効果だと言うには無理があります。そこで、何かしらの数字で、その成果なりを確認する必要が生じてきます。

 そこで、ITの投資対効果を数字で置き換える方法を考える必要が出てきます。IT投資のROIを、シンプルな等式に落としてみれば、以下のように求めることができます。

ある期間の事業利益 ÷(IT投資のイニシャルコスト+ランニングコスト)

 ただし、これでは利益に直接貢献するものしか投資の効果とみることはできず、たとえば、業務の効率化にともなって、従業員が早く帰ることができるようになったとしても、上記の等式では測定されません。むしろ、従業員がIT活用によってどれだけ生産性が向上したのか、こちらに焦点を当てた方が上手く説明できるのです。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

財務会計・管理会計 ジャンルのトピックス

財務会計・管理会計 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!