開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/03/10

HDE、Gumblar対策機能加わったWebとメールのセキュリティアプライアンス「tapirus Mv1000/2000」を発表

HDEは10日、Webとメールのセキュリティ対策向けゲートウェイアプライアンスサーバ「tapirus(タピルス)Mv1000/2000」を3月31日より販売すると発表した。

 tapirusは、HDEとエフセキュアのアライアンスに基づいて、両社の技術を用いて開発されたアプライアンスサーバ。tapirus Mvシリーズでは、Gumblar対策として、ゲートウェイでHTTP通信をチェックする機能を標準で搭載した。これにより、改ざんされたWebサイトへのアクセスをブロックできるという。そのほか、ウイルス/マルウェア対策(smtp/http/ftp/pop)、迷惑メール対策が行える。

 アプライアンスのラインアップとして、従業員数1,000名程度をターゲットにした「tapirus Mv1000」と2,000名程度をターゲットにした「tapirus Mv2000」の2種類を提供する。

 Mv1000の製品価格は79万8,000円(税込)、次年度サポート更新費用が29万4,000円(税込)。Mv2000は同129万8,000円(税込)、同47万2,500円(税込)となっている。

 HDEでは評価機の貸し出しサービスも行うという。

photo
tapirus Mv1000

 

お勧め記事

Webセキュリティ ジャンルのトピックス

Webセキュリティ ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!