開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/06/30

米シスコシステムズがAndroid搭載企業向けタブレット「Cisco Cius」を発表、iPad対抗か

米Cisco Systems(シスコシステムズ)は29日、Androidとタッチディスプレイを搭載した企業向けタブレット型デバイス「Cisco Cius」を発表した。

photo
Cisco Cius
photo
Cisco Ciusのドッキングステーション
photo
Cisco Ciusの利用イメージ
 米シスコシステムズは29日、Androidを搭載した企業向けタブレット型デバイス「Cisco Cius」を発表した。

 Cisco Ciusは、仮想デスクトップ環境の提供や、シスコのコラボレーションやコミュニケーションアプリケーションのエンド向け端末と位置付けられる「モバイルコラボレーションビジネスタブレット」。Cisco QuadやCisco Show and Share、Cisco WebEx Connect、Cisco WebEx Meeting Center、Cisco Presence、Cisco TelePresenceなどに対応する。

 重量は約0.52kg、7インチのVGAタッチディスプレイを備え、HDビデオに対応。前面に720p HDカメラ、背面に500万画素のカメラを搭載する。IEEE 802.11 a/b/g/nのWi-Fi、3G/4G通信が行える。そのほか、テレビ会議用に通話が可能なドッキングステーションをオプションで提供する。

 2010年第3四半期よりトライアルを開始し、2011年第1四半期より一般向けに提供を行う予定。

 昨今、大手企業向けソフトウェアベンダーが相次いで、アップルのタブレット「iPad」対応を表明している(関連リンク:日本オラクル、「Siebel CRM」をiPadに対応IBM、コラボレーションソフトウェア「Lotus Notes」でiPadをサポート)。シスコでは従来から提供するシスコ製品との補完性を軸に、企業向けタブレット端末という新市場へ着手したものとみられる。

お勧め記事

ユニファイド(ビデオ会議・Web会議) ジャンルのトピックス

ユニファイド(ビデオ会議・Web会議) ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!