開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/08/12

CTC、Windows 7および仮想デスクトップ環境への移行検証を支援する仮想デスクトップ型サービスを開始

CTCは12日、クライアント環境のWindows 7への安全で確実な移行を可能にするため、デスクトップを仮想化しクラウド化する技術を活用した「Windows 7移行支援サービス」を提供開始すると発表した。

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、Windows XPのサポート終了に伴うクライアント環境のWindows 7への安全で確実な移行を可能にするため、デスクトップを仮想化しクラウド化する技術を活用した「Windows 7移行支援サービス」を12日より提供開始する。2010年9月15日までは、キャンペーン価格として39万9,000円(税込)で提供するという。

 現在、約8割の企業が、クライアントOSにWindows XPを利用していると言われている。マイクロソフトによるWindows XPのメインストリームサポートは、2009年4月に終了し、セキュリティ関連のアップデートも近い将来での終了が予定されている。

 「Windows 7移行支援サービス」は、Windows XPのサポート終了に伴うクライアント環境の刷新を検討している企業に対し、仮想化技術を用いた検証環境を提供し、Windows 7および仮想デスクトップ環境への移行検証を支援するサービス。1か月半での動作検証により、ユーザーは既存のアプリケーションを活用しつつ、新環境に安全かつ効率的に移行することが可能となる。仮想化技術としては、サーバの仮想化分野で数多くの実績をもつVMware社の技術(VMware vSphere、VMware ThinApp、VMware View)を使用する。

お勧め記事

仮想化ソフトウェア ジャンルのトピックス

仮想化ソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!