開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/09/09

日本IBM、「デジタル文書セキュリティー・クラウド・サービス」で機密情報受け渡し時の漏えいを防止

日本IBMは、機密情報漏えい防止支援する「デジタル文書セキュリティー・クラウド・サービス」を発表した。

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、機密情報漏えい防止支援の「デジタル文書セキュリティー・クラウド・サービス」を発表した。

 今回発表されたのは、文書や技術データなどの機密情報を取引企業に提供する場合に、情報の暗号化とアクセス管理、制御によって、取引先企業からの機密情報の漏えい防止を支援するサービス。企業間で行われる機密情報の受け渡しに対して、暗号化やアクセス管理、制御機能などをクラウド上のサービスとして提供し、クラウド上にデータを保管しない点が特徴だ。このクラウドの基盤は、同社のデータセンタからネットワーク経由でメモリやCPUなどのIT資源を従量課金制で提供するクラウドサービス「IBMマネージド・クラウド・コンピューティング・サービス」で提供される。

 「デジタル文書セキュリティー・クラウド・サービス」は、10月から提供開始される予定だ。

PKI・暗号化・認証 ジャンルのトピックス

PKI・暗号化・認証 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!