• 会員限定
  • 2010/10/04 掲載

中堅・中小企業は中国市場をどう見ているのか?:中堅・中小企業市場の解体新書(20)

記事をお気に入りリストに登録することができます。
2010年4月~6月のドル換算の名目GDPにおいて中国は日本を上回った。2010年1月~6月の半期で見た場合はまだ日本が世界第2位を維持しているが、このペースでいけば2010年通期では日本が中国に抜かされる可能性が高い。中国市場は今や日本企業にとって(もちろん、世界の企業にとっても)無視できない存在となった。そこで今回は、日本国内の中堅・中小企業の中国市場への進出状況やそれに伴うIT活用の現状について見ていくことにする。

ノークリサーチ 岩上由高

ノークリサーチ 岩上由高

ノークリサーチ シニアアナリスト 博士(工学)
早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは多方面で培った経験を生かし、リサーチ/コンサル/執筆・講演など幅広い分野を担当。著書は「AdobeAIRの基本と実践」「クラウド大全(共著)」(日経BP刊)など。

中国市場への取り組み状況は二分化

 以下のグラフは年商500億円未満の日本国内中堅・中小企業に対して、「中国でのビジネス展開状況」について尋ねた結果である。

画像
図1 中国でのビジネス展開状況(複数回答)

 「商材やサービスを販売/流通する」「製造やサポートのアウトソース先として活用する」といったビジネス形態の観点と、「中国国内に拠点を持つ」「中国国内に拠点を持たない(インターネットなどを介した販売など)」といった拠点の有無に関する観点を交え、その組み合わせを列挙した上で当てはまるものを選んでもらったものだ。

 この結果を見ると、「既に中国国内に拠点を持ち、商材やサービスを販売/流通させている」「既に中国国内に拠点を持ち、製造やサポートのアウトソース先として活用している」など、中国市場への展開を積極的に進めた企業が、年商50億円以上~100億円未満で23.5%、年商100億円以上~300億円未満で26.5%、年商300億円以上~500億円未満で44.0%存在している。

 この数字に「拠点を持たずにビジネス展開をしている企業」を加えると、何らかの形で中国でビジネスをしている企業は、年商50億円以上の中堅企業層で40~60%と、およそ半分にのぼる。

 だが、その一方で「中国向けにビジネスを展開する予定はない」という回答も中堅企業層で半数近くあり、年商50億円未満の中小企業層では70~85%に達している。

 このように日本国内の中堅・中小企業における中国市場への取り組みは、現地拠点も設けて積極的に取り組む層と、ビジネス展開をまったく予定していない層に二分化している状況となっている。

 ここで1つ注目していただきたいのが「中国国内に拠点は持たないが、中国向けにインターネットによる商材/サービスの提供を行っている」「中国国内に拠点は持たないが、中国向けにインターネットによる商材/サービスの提供を行う予定である」という回答割合がいずれの年商帯においても非常に少ないという点だ。

 インターネットを通じた販売であれば、手間をかけずに巨大な中国市場を相手にビジネスができると考えがちだ。実際、中国に向けたネット販売を支援するサービスも存在している。だが、中国の消費者に伝播していくだけの十分な訴求力が商材やサービスになければ、途端に情報の渦の中に埋もれてしまう。この点は日本国内でeコマースを成功させることが容易でないのと同様である。そういう意味では日本国内の中堅・中小企業は中国へのビジネス展開について比較的冷静に判断できているともいえる。

【次ページ】中国市場に向けてビジネスを展開しない理由

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます