開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/10/19

NECとNECパーソナルプロダクツ、物流でのCO2排出量約25%削減に向けビジネスPCの約30%を鉄道輸送へ

NECとNECパーソナルプロダクツは、ビジネスPCの輸送におけるモーダルシフト実施と、生産・物流管理システム強化による生産リードタイム短縮の実施を発表した。

 NECとNECパーソナルプロダクツは、ビジネスPCの輸送におけるモーダルシフト実施と輸送効率化により、物流時に排出されるCO2を約25%削減していく方針を発表した。

 モーダルシフトとは、トラックなどによる輸送を貨物列車・貨物船などによる輸送で代替することで、環境負荷を軽減する等の効果が期待される手法。NECとNECパーソナルプロダクツでは、まずは、パソコンの生産を行うNECパーソナルプロダクツ米沢事業場から関西エリアへの出荷分からの適用を開始し、順次対象エリアを拡大していく。10月から試行を開始し、最終的にはビジネスPCの約30%を鉄道輸送に変更する予定となっている。

 貨物列車輸送の場合、トラック輸送と比較して輸送時間を要するため、NECパーソナルプロダクツ米沢事業場では生産・物流管理システム[MES(=Manufacturing Execution System)システム]を強化。生産の準備段階の「かんばんシステム」や「ミルクラン方式(物流方式の一つで、巡回集荷とも呼ばれる)」、見える化等の生産進捗管理、物流管理等を強化することによって生産リードタイムを短縮し、従来と同等のデリバリーのリードタイムや搬入先変更への対応などの柔軟性も維持したうえでモーダルシフトを実現する方針だ。

お勧め記事

環境対応 ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!