開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/02/07

千葉銀行、日立の「FREIA21+」による新営業店システム導入

日立は、千葉銀行の新営業店システムを構築したことを発表した。

 日立製作所(以下、日立)は、金融機関の営業店セールス活動を支援する統合チャネルソリューション「FREIA21+」を活用した千葉銀行の新営業店システムを構築し、稼働開始した。

 今回稼働開始した新営業店システムは、顧客伝票などの事務処理や相談業務などに使用する営業店端末、事務センターでの振込発信や各種登録業務に使用する集中事務イメージ処理システムなどで構成される。千葉銀行では、本システムの導入により、営業店窓口での待ち時間の短縮化や、店頭における相談機能を高めるなど、銀行来店の顧客サービス向上と行員業務の利便性向上を図る。

 本システムは2008年から進めていた千葉銀行と第四銀行の共同開発案件であり、先行で開発を進めていた第四銀行では2010年5月に本番稼働を実施しているという。千葉銀行では、2011年2月~10月にかけて、順次、全営業店に本システムを展開していく予定となっている。

お勧め記事

業務効率化 ジャンルのセミナー

業務効率化 ジャンルのトピックス

業務効率化 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!