開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/03/07

ソニー、ウィンブルドン選手権を3D映像化

ソニーは、全英ローンテニスクラブとウィングブルドン選手権の3D映像化でオフィシャルサプライヤー契約を締結すると発表した。

ソニーは、ウィンブルドン選手権を史上初めて3D映像で撮影し、世界各地の3D設備のある映画館や3Dテレビに生中継する。3D映画館への映像配信は、SuperVision Media社をパートナーとして行う。3Dテレビへの配信は、大会ホスト放送事業者であるBBC(英国放送協会)の協力のもと、世界各国の放送局に提供される。なお、撮影を予定している試合は、2011年大会では、男子の準決勝、決勝、女子の決勝としている。

 今回の契約締結に関して、ソニーヨーロッパの社長 西田不二夫氏は、「高精細な3Dでのテニス観戦は、迫力の体験です。選手の動きや心の動きを生き生きと描き出す映像は、センターコートでの観戦にひけをとらない感動をもたらすことでしょう」と語る。

 全英ローンテニスクラブのChief Executive イアン・リッチー氏は、「ソニーとの3Dにおける協力関係は、私たちがライブスポーツ中継の最先端にあることを示すのみならず、新しい映像体験を若いファンを中心とする世界中の視聴者にお届けできることも示しています」とした。

お勧め記事

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!