開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/06/13

NEC、ブラジルのレシフェ市近郊でスマートシティ開発へ

NECは13日、ブラジルの都市開発会社アリーナコンソーシャムと協力し、ブラジルの中核都市ペルナンブッコ州の州都レシフェ市近郊で計画中のスマートシティ開発プロジェクトに参画すると発表した。

 同地域は、2014年サッカーワールドカップのための新たな競技場の建設が予定されており、ペルナンブッコ州は、ワールドカップ終了後も継続して発展できる次世代スマートシティとして都市開発を計画している。

 この都市計画においてNECは、アリーナコンソーシャムと共同で、「クラウド等を活用した電子政府」「インテリジェントエネルギーシステム」「様々な大規模イベントに耐えるICTインフラの構築」等、観光、物流の中核拠点として次世代都市インフラを提案する。

   NECは、世界30カ国に導入実績があるパブリックセーフティ、RFID等のセンシングデバイス活用ソリューション、国内外で実証中のスマートハウスや逐電の環境、エネルギーソリューション等を有している。また、中国の国家情報通信技術戦略プロジェクトやオーストラリアの政府ICTプロジェクト、米国最大の電力技術研究所EPRIの大規模蓄電システム実証実験、イタリア大手電力会社との次世代スマートグリッドシステムの共同開発等を行なっており、今回のプロジェクトではこれらの経験やノウハウを活かすとしている。

お勧め記事

環境対応 ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!