開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2011/08/02

仮想化したシステム運用管理における課題トップ10

IDC Japanは2日、国内企業523社に対して実施した「インフラストラクチャソフトウェア/DBMSの利用実態調査」に関する調査結果を発表した。

 本調査では、オペレーティングシステム(OS)、データベース管理システム(DBMS)、システム運用管理ソフトウェア、仮想化ソフトウェアの導入状況や今後の導入意向、利用上における課題などについて、業種別や従業員規模別、ソフトウェア製品ベンダー別など、詳細に分析している。アンケート調査は東日本大震災後の5月に実施した。

 2011年度に投資を優先するインフラストラクチャソフトウェア/ミドルウェアでは、従業員1,000人以上の企業では「サーバ仮想化」が36.3%で最も多く、2010年度調査調査と比較して5ポイント以上回答率が高くなった。

 サーバ統合によるコスト削減に加え、サーバ仮想化技術を利用した節電対応やディザスターリカバリーなどの震災対応、プライベートクラウド基盤構築への取り組みが、大手企業を中心に広がっていくという。また、2番目には29.0%で「データベース管理システム」が入り、2010年度調査から5.5ポイント上昇した。データベース統合やビックデータへの対応などが背景にあるという。

 また、従業員999人以下では「バックアップ/データ保護」への投資が32.4%で最も多く、中堅中小企業でもディザスターリカバリーへの取り組みが加速するという。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

仮想化ソフトウェア ジャンルのトピックス

仮想化ソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!