開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/11/07

NHN、ライブドア、ネイバーが12年1月1日に経営統合、ライブドアの社名は消滅

韓国nhnの100%出資会社であるNHN Japan、同社の子会社であるネイバージャパン、ライブドアの3社は7日、2012年1月1日に経営統合を行うことを決定したと発表した。「国内No.1総合インターネット企業を目指す」という。

 NHN Japanグループは、傘下にゲーム・検索・ポータル/メディア・データセンター事業を持ち、PC・ケータイ市場を中心にサービスを提供している企業グループ。現在、NHN Japanグループ全体のPC市場におけるユニークユーザー数は月間4308万人(comScore調べ/2011年9月実績)に達し、国内4位の規模を誇る。

 一方で、NHN Japanグループを取り巻く競争環境は、「国境・言語を越えたグローバル競争において厳しさを増している」とし、これまで以上に事業を加速度的に成長させるためには、NHN Japan、ネイバージャパン、ライブドアの3社がこのタイミングで経営統合し、連携することが最良の選択であると判断したという。

 2012年1月1日に3社が統合してスタートする新NHN Japanでは、(1)検索・ポータル/メディアなどウェブサービス事業を行う「ウェブサービス本部」と、(2)オンラインゲーム事業を行う「ゲーム本部」による2部門制となる。

 サービスとしての「ゲーム」「ウェブサービス」の連携に加えて、収益モデルとしての「課金」と「広告」、さらにゲーム・ウェブ・検索・アプリケーション・インフラなどの分野で約400名のエンジニア・デザイナーを有する「国内最大級の開発力」を組み合わせることで、「まずはスマートフォン事業でNo.1、さらに国内No.1総合インターネット企業となることを目指す」という。

 具体的には、(1)現ネイバージャパンと2010年5月にNHNの子会社となった現ライブドアのメディア事業を統合することにより発足する「ウェブサービス本部」ではスマートフォン領域を中心とした新サービスの開発・育成に集中投資を行っていくほか、(2)現NHN Japanが事業運営する「ゲーム本部」と新設の「ウェブサービス本部」との間でサービス・プロモーション・アライアンスなどの連携を図っていく。

 ライブドアが運営する「メディア事業」「データセンター事業」のうち、「メディア事業」については、「ウェブサービス本部」としてNHN Japanに事業を承継する。「データセンター事業」については、ライブドアを商号変更し、「データホテル」として、引き続き事業を承継していく。

photo
経営統合後の体制

 なお、NHN Japanの100%子会社であるNHN Service Technology、NHN Service Technology Corporation、深紅、メディエーターに加え、ライブドアの100%子会社であるジェイ・リスティングも子会社として承継する。

 従来グループ各社が展開してきた「Hangame」「NAVER」「livedoor」のブランドを活用し、本経営統合後も引き続きサービスを継続していく考え。

 NHN Japanの代表取締役社長は、引き続き森川 亮氏がつとめ、「ゲーム本部」の代表は森川社長が兼務し、「ウェブサービス本部」の代表には現ライブドア代表取締役社長の出澤 剛氏が就任する。またデータホテルの代表取締役社長には、現 ライブドア執行役員ネットワーク事業部 事業部長の嶋田 健作氏が就任する。

お勧め記事

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!