開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/12/06

東京農工大学などSINET4加入大学研究機関、CTCのクラウド型メールサービス「A-Cloud Mail」採用

CTCは、SINET4加入大学研究機関にクラウド型メールサービス「A-Cloud Mail」を提供開始した。

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、CTCが提供する独自の教育機関向けクラウドサービス「A-Cloud Mail」が、国立情報学研究所が構築・運用する学術情報ネットワーク(SINET4)の「加入機関向けサービス」として民間企業で初の承認を受けたことを発表した。これに伴い、SINET4加入大学研究機関へのSINET4経由の「A-Cloud Mail」の提供を12月から開始する。

 SINET4は日本全国の大学・研究機関の学術情報基盤として国立情報学研究所が運用する情報通信ネットワークで、2011年4月から本格稼働し、全国700以上の大学、教育機関が利用している。国立情報学研究所では2011年7月から、加入機関のさらなる利便性向上のため、SINET4加入大学研究機関へのアプリケーションやクラウドサービスなどの提供のための接続を認める制度を開始した。

 「A-Cloud Mail」は、教育機関の利用形態に特化したクラウド型の電子メールサービス。今回、SINETに加入する大学・研究機関向けに「A-Cloud Mail SINET4 接続オプション」として有償のオプションサービスを開始した。このサービスは、SINETとCTCデータセンター間を1Gbps専用線で接続し、これを共有するシェアード型サービス。利用者はこのサービスを利用することで、重要な研究データなどのやりとりに際して専用線接続並みのセキュリティを確保することが可能という。また、シェアード型サービスのため、単独で専用線を利用する場合と比較して通信費用を削減することが可能だ。

 「A-Cloud Mail SINET4接続オプション」は、12月から東京農工大学で1万1000ユーザーの利用が決定している。

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!