開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/12/25

アズビル、制御システムセキュリティ対策製品「VISUACT-V」を発売

ビルディングオートメーション事業などを手がけるアズビルは25日、電力、ガス、水道、交通管制センターなどの重要インフラおよび石油・化学プラントや各種工場などで稼働する制御システムのサイバーテロ対策として、同社子会社のアズビル セキュリティフライデーと開発したサイバー攻撃およびマルウェア感染を早期に検知する「VISUACT-V(ビジュアクトV)」を販売すると発表した。

 今回発売されるVISUACT-Vは、どんなネットワーク上にも、また稼働中のシステムにも簡単に設置できるのが特徴。ネットワーク通信への影響はなく、ネットワーク内の各ノードにソフトウェアをインストールする必要もないという。

 また、既知のマルウェアによる探索、侵入、感染を検知・通知するだけでなく、新種によるゼロデイ攻撃にも対応する。さらに確保したマルウェアはその後の解析のため安全に取り出し、検査機関への検体提出に対応する。

 アズビルでは、制御システムセキュリティに確実に気づき素早く通知することで、万一の攻撃、感染時にも対策指示の早期発動ができ、事業継続計画(BCP)を支援できるとしている。

photo
VISUACT-Vの利用イメージ

 アズビルでは、2013年度に3億円、3年後に10億円の売上を見込む。

関連記事

セキュリティ戦略 ジャンルのトピックス

セキュリティ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!