開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/11/20

自動車のサイバーセキュリティ、米国運輸省が1,000万ドルを投入する狙い

制御システムのセキュリティが大きな問題として注目を集めている。工場やプラント、モバイル機器、家電ときて、次にわれわれが考えなければならないのは急速にIT化が進む自動車へのサイバー攻撃だ。実際、米国運輸省(NHTSA)は多額の予算を投じ始めている。

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター 中尾真二

フリーランスライター、エディター。アスキーの書籍編集から、オライリー・ジャパンを経て、翻訳や執筆、取材などを紙、Webを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは言わなかったが)はUUCPのころから使っている。

予想されていた家電や自動車のセキュリティ

関連記事一覧
 IPv6が最初に注目された今から十数年前。投じからIPv4アドレスの枯渇は予想されており、同時に、無限ともいえるIPv6アドレスによるインターネットの新しい可能性も多く示唆されてきた。

 やや物騒な話だが、戦闘機の空対空ミサイル1発ごとにIPv6アドレスを割り当て、制御することも可能だと(それだけIPアドレスを潤沢に使うことができる)というたとえ話もあった。

 日本のインターネットの父と呼ばれる村井純氏(慶應義塾大学教授)が、タクシーのワイパーにIPv6アドレスを割り当てて稼働状況をモニターすれば、日本中の降雨状態が可視化できると唱えた話も有名である。

 もちろん、テレビや冷蔵庫にも1台ずつIPアドレスを割り当てられるというアイデアもすでに存在しており、必然的にセキュリティ問題も持ち上がった。テレビの視聴内容や冷蔵庫の中身がインターネットに公開されてしまう、といった議論だ。

 これらの議論は実際の製品化がなかなか登場しないこともあって、自然に表舞台からは姿を消していったが、水面下ではIPv6の研究や普及活動は進んでいた。BlackHatやDEFCONのようなセキュリティカンファレンスや学会発表ではよく取り上げられている。ATMや家電製品、ホテルのカードキー、自動車のECU(エンジン制御ユニット)やイモビライザーなどのハッキングは定番ネタといってもよく、専門家の議論や研究は今でも注目を集めている。

 それが現在、家電製品(スマート家電)や自動車(スマートカー、EV)がいよいよ本格的にインターネットにつながるようになり、この問題が現実のものとして、再び表舞台で議論されるようになってきた。下記は、トヨタがコンセプトカーとして発表した「Fun Vii」のイメージ映像だ。スマートフォンが操作の起点になっていることがわかる。



自動車業界団体発のサイバー攻撃への取り組み

 こうした自動車のIT化の進展に対して、いち早くセキュリティ対策に動いたのが米国だ。NHTSA(National Highway Traffic Safety Administration:自動車や運転者の安全を監視する米国運輸省の一部局)が、2013年度予算の概算要求において、自動車の車内電子制御機器および車車間通信機器のセキュリティについて、1千万ドル(約8億円)規模の調査を行うとしている。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

セキュリティ戦略 ジャンルのセミナー

セキュリティ戦略 ジャンルのトピックス

セキュリティ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!