開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/03/28

ライオン、メインフレーム上の基幹業務資産をオープン環境に全面移行

家庭用トイレタリー大手のライオンは、メインフレーム上にあった膨大な基幹業務資産をオープン環境へ全面移行した。日本HPのアプリケーションモダナイゼーションサービスを活用した。

 ライオンでは、新たな経営ビジョンに向かって全社が業務を革新していく中で、部門業務の高度化や変化対応力の強化を支援し効率化を進めるために、メインフレームを見直しを決めた。

 基幹業務システム全体をオープン環境に移行することを決断し、2008年に次期システム構想の検討に着手。その後、2009年には、メインフレーム上で稼働していたサブシステムの8割に関してはマイグレーション、残り2割を再構築するという方針を決定した。

 方針決定後は、メインフレーム上の既存資産を約3ヶ月間かけて調査・アセスメントを実施し、不要な資産を整理することで、移行資産を約半分に減らしたという。

 移行作業は、2010年2月からスタートし、移行計画に基づき、x86サーバ上の仮想環境で稼働するLinuxベースのオープンホスト環境が構築され、膨大なメインフレーム資産が移行された。そして、テスト環境構築後の2011年末、並行稼働テストがスタートし、2012年夏、すべての問題点が解消され、オープン環境上の基幹業務システムが完成した。

 日本HPによれば、現在のオープン環境上の基幹業務システムは、大幅なシステム維持運用コストの削減と、処理能力の改善を実現し、安定稼働をしているという。

レガシーマイグレーション ジャンルのトピックス

レガシーマイグレーション ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!