開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/09/08

枯れたVBアプリを生かす方法はあるのか?移行に4つの方法と課題

連載:ビジネスを加速するUX時代の企業Webシステム

クライアント/サーバ型システムが全盛だった時代、Visual Basicを使って たくさんの業務アプリケーションが開発された。よく考え抜いて作られており、今でも問題なく利用されているケースもある。ただ、事業環境の変化への対応や潜在的リスク回避の観点から、いずれはフルスクラッチでの再開発が不可避と見ている企業も多いのではないだろうか。それも1つの選択肢だが、実際にはいくつかの選択肢が存在する。

フリーランスライター 吉田育代

フリーランスライター 吉田育代

企業情報システムや学生プログラミングコンテストなど、主にIT分野で活動を行っているライター。著書に「日本オラクル伝」(ソフトバンクパブリッシング)、「バックヤードの戦士たち―ソニーe調達プロジェクト激動の一一〇〇日 」(ソフトバンクパブリッシング)、「まるごと図解 最新ASPがわかる」(技術評論社)、「データベース 新たな選択肢―リレーショナルがすべてじゃない」(共著、英治出版)がある。全国高等専門学校プログラミングコンテスト審査員。趣味は語学。英語と韓国語に加えて、今はカンボジア語を学習中。

“ハシゴをはずされた”VB6.0アプリケーション

マイグレーション関連記事
 「Internet changes everything(インターネットはすべてを変える)」──ひと頃、多くのITベンダーが訴えたコピーフレーズである。まったく、インターネットはすべてを変えてしまった。

 人々がこのテクノロジーを知る以前、ITはクライアント/サーバ型システムといわれるものか、スタンドアロン型システムで動いていた。前者は複数のクライアント端末と、それらを面倒見るサーバから構成され、後者は単独のマシンで完結して動く。

 実際のアプリケーション開発には複数のベンダーが統合開発環境といわれる開発ツールを提供したが、そこでプログラミング言語として代表的だったのが、マイクロソフトのVisual Basic(以下、VB)である。日本に登場したのは1990年代初め。クライアント/サーバ型システムの隆盛とともに、ほぼ2年ごとにメジャーバージョンアップ版が登場。2000年代に入るまでは多くの業務システムが量産された。

 しかし、2002年、.NET Frameworkに対応したバージョン7.0が発表される。ここで抜本的な仕様変更が行われ、以前のバージョンと互換性がなくなってしまった。さらに2008年4月には、VB6.0の延長サポートの期間も終了している。ただし、マイクロソフトは、VB6.0アプリケーションが、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7上で、そのまま動作することの互換性提供はサポートしている。

現役続行は可能だが、そこに大きな潜在リスク

 だから、ただちに困ることはない。業務の内容や運用体制に変化がないのであれば、という条件つきにはなるが。

 今でも、ときどき小売店などで旧来版のVBで開発された業務管理システムを見ることがある。さすがにGUI画面の作りは年代を感じさせるが、店はそれで仕事をすることにまったく不自由を感じていないようだった。消費税対応など法改正に伴うシステム変更は必要だと思うのだが、たぶん自社のリスクでメンテナンスしてくれる業者がそばにいるか、店主自らメンテナンス可能なのだろう。

 そう、周囲にVB6.0システムの維持を助けてくれる環境があるならいい。しかし、それは年々減り続けている。ハードウェアをリプレースしようとするたび、クライアント環境のアップグレードが必要になるたび、サーバベンダーやシステムインテグレータの渋面と戦わなければならない。

 VB6.0が出てからもう16年も経っているから、彼らの立場もわからなくはない。スキルを維持し続けるには、それなりのコストがかかる。新しいテクノロジーに精力を傾けた方がビジネスにもなる。

 彼らが助けてくれないとなると、VB6.0システムは大きな潜在的なリスクを抱えることになる。何かトラブルが発生したら、アプリケーションをデータともどもそっくり失うことになる。

【次ページ】VB6.0アプリケーションの未来 4つの選択肢

レガシーマイグレーション ジャンルのセミナー

レガシーマイグレーション ジャンルのトピックス

レガシーマイグレーション ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!