開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/09/02

国内ビジネスインクジェット市場ユーザー調査、「知らなかった」が約4割

IDC Japanは2日、国内ビジネスインクジェットプリンター/複合機市場のユーザー調査の結果を発表した。ビジネスインクジェット製品は2009年以降増加を続け、2012年の総出荷台数は約85万台となった。インクジェットの導入理由は新規・増設が41.8%、レーザーからの買い替えが15.0%となった。

 オフィスのプリント用機器として、レーザー方式とインクジェット方式のプリンター/複合機が使用されている。多くのオフィスでは主にレーザープリンター/複合機をプリント枚数が多い用途に使用していた。しかし、技術の進歩に伴い、オフィスで使用することを目的としたインクジェットプリンター/複合機がビジネスインク ジェットとして各ベンダーから相次いで発表されている。

 IDCの出荷データによれば、国内のビジネスインクジェットの出荷台数は2009年以降増加を続け、2012年は約85万台の出荷台数となった。

 今回の調査(2013年7月実施)では、オフィスでプリンター/複合機を使用し、かつその選定に関わる801名に対してプリンター/複合機の導入理由と選定基準、インクジェット機器の満足度、ビジネスインクジェットと家庭用インクジェットの比較評価などについてWebアンケートを行った結果を分析した。

 これによると、オフィスのインクジェット機器の導入理由は新規、増設が合わせて41.8%、インクジェット機器からの買い替えが43.3%、レーザー機器からの買い替えが15.0%だった。

 新規、増設の比率が高いことは市場が拡大していることの表れと指摘、一方でレーザーからインクジェットへの移行は進んではいるものの、急速に進んでいるとは言えない状況にあるとした。

 今回の調査ではオフィスでビジネスインクジェットを使用しているユーザーと家庭用インクジェットを使用しているユーザー各々に満足度評価を行い、その結果を比較した。

 どちらを使用しているユーザーも全体的には高い満足度だったものの、ランニングコストと給紙枚数についてビジネスインクジェットが家庭用インクジェットより高い満足度を得ていた。

 また、ビジネスインクジェットと家庭で使用しているインクジェットとの機能、性能の比較では、文字のきれいさ、プリント速度、裏写り、インクの消費量など多くの項目でビジネスインクジェットの方が「より良い」という結果になった。

photo
家庭で使用しているインクジェット機器との比較: ビジネスインクジェットユーザー

「国内ビジネスインクジェットプリンター/複合機の出荷台数は今後も増加することが予測される。一方でビジネスインクジェットを知らなかった回答者は約40%と認知度が低い。ビジネスインクジェットのさらなる普及のためには、ベンダーはビジネスインクジェットを使用することによるメリットを分かりやすくユーザーに訴求していく必要がある。」(IDC Japan イメージング,プリンティング&ドキュメントソリューション リサーチマネージャー 荒井 温氏)

 今回の発表はIDCが発行したレポート「2013年国内ビジネスインクジェトプリンター/複合機市場 ユーザー調 査: 需要拡大の要因と今後の急速な普及に向けたポイントを探る」(J13631001)にその詳細が報告されている。

3Dプリンタ・プリンタ・複合機 ジャンルのトピックス

3Dプリンタ・プリンタ・複合機 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!