開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/12/11

3Dプリンタ市場調査、1年で倍増 製造業の試作用途では不可欠に

2012年度の国内3Dプリンタ市場は、数量が1692台(前年度比265.2%)、金額が65億円(同157.6%、いずれも事業者売上高ベース)となった。2013年度の同市場規模は、数量が1万台(前年度比591.0%)、金額は150億円(同230.8%)に拡大すると見込む。数十万円程度の低価格機が相次いで発売されたことに加え、マスコミ各社の報道により認知度が向上し、一気に市場が拡大したという。矢野経済研究所が調査結果を発表した。

3Dプリンタ市場の規模、1年で倍増

 本調査における3Dプリンタとは、3Dデータを元に積層造形する装置を指す。主な製品タイプとしては造形方式や使用する材料の違いにより、熱溶解方式、インクジェット方式、粉末方式、光造形方式などがある。

 3Dプリンタの主な需要分野としては、デザイン検討、機能検証などに利用する工業・研究系用途、ビルや施設の模型などに利用する建築系用途、歯科模型、人体模型、福祉機器模型などに利用する医療・福祉系用途、モノづくり教育のツールなどとして利用する教育系用途、ホビーや玩具、ものづくりベンチャーなどが利用するSOHO・コンシューマ系用途などがある。

 2012年度の国内3Dプリンタ市場は、数量が1692 台(前年度比265.2%)、金額が65億円(同157.6%、いずれも事業者売上高ベース)となった。2013年度の同市場規模は、数量が1万台(前年度比591.0%)、金額は150億円(同230.8%)に拡大すると見込む。

画像
3Dプリンタ市場規模推移と予測

海外で進む合従連衡、3D SystemsとStratasysが2強

関連記事

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

3Dプリンタ・プリンタ・複合機 ジャンルのトピックス

3Dプリンタ・プリンタ・複合機 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!