開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/09/27

【滝沢弘康氏インタビュー】豊臣秀吉とその家臣団の栄光と挫折──天下人のマネジメントを検討する

『秀吉家臣団の内幕』著者 滝沢弘康氏インタビュー

2014年の大河ドラマの主人公が、豊臣秀吉の側近・黒田官兵衛に決まったことで、天下人とそれを取り巻く群像への関心は高まりそうだ。戦国時代を終焉させた秀吉とその家臣団は、どのような組織を築き、乱世を駆け抜けたのか? 『秀吉家臣団の内幕』(ソフトバンク新書)を上梓した滝沢弘康氏にお話をうかがった。

秀吉は今、人気がない?

──戦国大名として大メジャーな存在であり、伝記、小説、研究書など、これまで数々の本が書かれてきた「豊臣秀吉」の、しかも本人ではなく、それを支えた「家臣団」をテーマにされたのはなぜでしょうか?

photo

『秀吉家臣団の内幕』

 滝沢 弘康氏(以下、滝沢氏)■織田信長の後継者および領地再分配をめぐる会議を描いた映画『清洲会議』(監督:三谷幸喜)の公開が近いことと、2014年の大河ドラマに、織田信長を天下人に押し上げた天才・黒田官兵衛を主人公とする『軍師官兵衛』が決定していることから、そのどちらにも関わるものとして、「秀吉+家臣団」というアイディアが浮かびました。

──滝沢さんは、歴史コンテンツを多く手がけられている株式会社かみゆの代表を務められていますが、それはつまり、編集者的な感覚が働いたということですか?

 滝沢氏■そうですね。歴史系の本を作っていると大河バブルというものがありまして(笑)、これから官兵衛関連本が多数出版されることが予想されるので、埋もれないためにも、ちょっと視点をズラした方がいいだろうな、というようなことは考えました。

──「今、秀吉はあまり人気がない」ということをあとがきに書かれていますが、そのへんも書かれた動機と結び付いているんでしょうか?

 滝沢氏■歴史系の書籍やムックを手がけていると、20~30代のライトな歴史ファンの方とお話する機会があるんですよ。その際にも、秀吉は軽んじられているというか、話題にすらのぼらないことが多いんですね。だからといって僕自身も特に秀吉が好きではなかったので、「それはおかしい!」とか「もっとプッシュしなくちゃ」と思っていたわけではないんですけど。ある歴史雑誌の編集・制作をしていた時も、伊達政宗や真田幸村といった女性に人気の武将に対して、秀吉関係は特集企画が1度も通りませんでしたからね(苦笑)。

──それって、ルックスの問題なんですか? 伊達政宗=渡辺謙みたいなイメージがある一方で、秀吉といったら「サル」ですものね……。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

リーダーシップ ジャンルのセミナー

リーダーシップ ジャンルのトピックス

リーダーシップ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!