開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/04/14

国内PaaS市場シェア、トップはセールスフォース、2位はアマゾン

IDC Japanは14日、国内PaaS(Platform as a Service)市場について、2013年上半期の分析結果を発表した。これによると、2013年上半期の国内PaaS市場規模は128億円で、前年同期比成長率56.7%と急速に拡大した。

 IDCではPaaS市場を、「DBaaS(Database as a Service)」、「APaaS(Application Platform as a Service)」、「BPMaaS(Business Process Management as a Service)」、「IPaaS(Integration Platform as a Service)」の4つのセグメントに分類して調査。

 また、市場規模の大きいDBaaS市場とAPaaS市場についてベンダーの競合状況の調査を行った。これによると、2013年上半期の国内PaaS市場規模は、前年同期比56.7%増の128億1,800万円になった。

 セグメント別ではDBaaS市場が55億4,800万円、APaaS市場が61億7,000万円となり、この二つのセグメントがPaaS市場全体の90%以上を占めた。

photo
国内PaaS市場 セグメント別 売上額実績(2012年上半期~2013年上半期)

 2013年上半期におけるPaaS市場のベンダーシェアはセールスフォース・ドットコムが1位、アマゾンが2位だった。セールスフォース・ドットコムはSaaS(Software as a Service)事業で、アマゾンはIaaS(Infrastructure as a Service)事業で作り上げたユーザー基盤を活用し、市場での優位なポジションを形成しているという。3位のマイクロソフト、4位のグーグルもサービスラインナップの拡充により高い成長率を実現した。

「PaaSベンダーはPaaSを利用することによるビジネス価値を再定義し、市場に訴求すべきである。そのためにはエンタープライズへの販売に長けたSIer(System Integrator)はもちろん、コンサルティングファーム、広告代理店などビジネス戦略の観点からクラウドの利用を推進できるパートナーとの連携が求められる」(IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ マーケットアナリストの草地 慎太郎氏)

 今回の発表はIDCが発行したレポート「2014年 国内Platform as a Service市場 ベンダー競合分析:2013年上半期実績に基づく」(J13370105)にその詳細が報告されている。本レポートでは、国内PaaS市場のセグメント別市場規模とベンダー別売上シェアなどが示されている。

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!