開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2017/03/14

PaaS市場が大幅拡大、クラウドDWHやHadoopがけん引

2020年には6倍に

アイ・ティ・アール(ITR)が3月14日に発表した国内PaaS(Platform as a Service)市場調査によると、2015年度の売上金額は413億円で前年度比74.4%の大幅増となった。IDC Japanが2016年11月に発表した国内PaaS市場調査でも、前年比48.1%増の648億円となっており、同市場が大幅に拡大していることがわかった。

 PaaSは、システムインフラに加えて、ミドルウェア、アプリケーションの開発および実行環境、データベース(DBMS)などを利用できるサービス。

 ITRによれば、デジタルイノベーションによる新規ビジネスの創出などを目的にこれらイノベーションを推進するシステムを迅速かつ低リスクで構築できる手法として注目を集めているという。

 IDC Japanの調査では、PaaS市場をクラウドアプリケーションプラットフォーム、クラウドインテグレーションサービス、クラウドデータサービス、クラウドアプリケーション開発/ライフサイクルサービス市場、その他のクラウドプラットフォームサービスの5つに分類。このうち2番目に規模の大きいクラウドデータサービス市場が前年比成長率103.5%となる179億円となり、市場全体の成長をけん引したという。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

PaaS ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!