開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/01/17

ネットフリックス、Huluでも話題 なぜアメリカの経営者半数が海外ドラマを観るのか

アメリカでは経営者のほぼ半数が、インターネットで毎日ドラマを観ている――。ソニー・ピクチャーズエンタテイメントが中心となって立ち上げた研究団体「海外ドラマLab.」は、日本、アメリカ、イギリスのビジネスマン各300人を対象に行った「海外ドラマの意識調査」の結果を発表。ネットフリックス、Huluといったストリーミング動画配信サービスの普及によって急速に人気が高まっている欧米のドラマがビジネスパーソンに与えている影響について分析した。

ネットフリックスがもたらしたネット発のドラマ人気

 インターネットやスマートデバイスが普及したことでテレビへの接触時間が減少し、その一方でニュースアプリ、電子書籍、YouTubeといったメディアへの接触時間が増加した。

 とくに動画コンテンツに関しては、ネットのブロードバンド化によって動画配信サービスの利用者が増加。アメリカを中心として、ネットフリックスやHuluといった動画配信サービス会社が台頭し、テレビ業界のコンテンツ制作、配信形態にも変化を起こしている。ネットフリックスやHuluでは既存の映画やテレビ番組に加えて、ネットで視聴できない独自のドラマを制作し、ユーザーから高評価を受けている。

 こうしたなか2014年末、ソニー・ピクチャーズエンタテイメントを中心として設立された研究団体「海外ドラマLab.」は、マクロミルが行った「海外ドラマの意識調査」の調査結果を発表。日本・アメリカ・イギリスのビジネスマン各300人を対象にした同調査では、アメリカやイギリスのビジネスマンがドラマから受けているさまざまな影響について、次のように分析している。

photo
アメリカやイギリスでは「80%以上」の人がドラマを自身のライフスタイルの中で参考にした事があると回答

 アメリカとイギリスのビジネスマンは、「ドラマで観た内容、シーン、ファッションを普段のライフスタイルの中で参考にしたことはありますか?」との問いに対して全体の80%以上が「ドラマを自身のライフスタイルの中で参考にした事がある」と回答した。

photo
アメリカのビジネスマンのうち70%が、ドラマの内容や表現方法、交渉術などをビジネスシーンで参考にしたことがあると回答

 また、「アメリカのドラマ/イギリスのドラマの内容や表現方法、交渉術などをビジネスシーンで参考にしたことはありますか?」との問いに対しては、アメリカ人の70%、イギリス人の56%が「参考にしている」と回答した。具体的に挙がったのは、ネットフリックスが制作した政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」だ。2013年に公開された同作は、アカデミー賞受賞男優のケヴィン・スペイシーが主演、「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャーが監督をつとめた。同作はテレビ界のアカデミー賞とよばれるエミー賞にノミネートされ、ネット配信のドラマとしては初めて受賞を果たした人気作だ。

 さらに「アメリカ/イギリスのドラマでお薦めしたいコンテンツは何ですか?」との問いに対して、アメリカのビジネスマンの回答を役職別に集計した結果は以下の通り。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのセミナー

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!