開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/02/09

世界のモバイルデータ量は5年で10倍に増加、シスコがインフォグラフィックで発表

シスコシステムズは9日、2014年から2019年までの5年間の世界のモバイル データトラフィックの動向について調査・分析を行った年次報告書の最新版「Cisco Visual Networking Index(VNI) Global Mobile Data Traffic Forecast for 2014 to 2019」を発表した。調査結果によれば、より強力なモバイルデバイスの登場やM2M接続の普及の拡大、高速な携帯電話網の拡大によって、モバイルトラフィックが増加していくという。

 調査によれば、高度なコンピューティング機能とマルチメディア機能、3G以上の接続に対応する“スマート接続”が、世界のモバイル データ トラフィックに占める割合について、2014年は88%だったが、2019年には97%まで上昇すると予測した。

 モバイル ネットワーク全体をグローバルに見ると、2017年には2Gに代わって、3Gがセルラー テクノロジーの主流になり、2019年には3Gネットワークが世界のモバイルデバイス接続の44%をサポートすることになると予測した。

 さらに4Gネットワークは、接続ベースでは26%に限られているにもかかわらず、トラフィック量では全体の68%を占めることになることも予想している。

 さらに世界のモバイル データトラフィック量は2014年から2019年の間に30エクサバイト増加し、2019年には年間292エクサバイトに達すると予測した。292エクサバイトは、2000年に生成されたすべてのIPトラフィックの292倍に相当し、65兆枚の画像、6兆本のビデオクリックに相当するという。

photo

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのトピックス

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!