開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/06/08

2019年のスマホ・タブレット・PCの稼働台数は約2億台に IDC Japanが予測を発表

IDC Japanは8日、スマートフォン・タブレット・PCを合算した国内モバイル・クライアントコンピューティング市場の2014年の実績および2015年~2019年の予測を発表した。2014年の国内モバイル・クライアントコンピューティング市場の出荷台数は、前年比6.4%減の4,997万台となった。IDC Japanでは、2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は3.1%、2019年の出荷台数は5,835万台と予測している。

 2014年のスマートフォン出荷台数は、通信事業者におけるキャッシュバックなどのキャンペーンが制限され買替えサイクルが長期化したことで、前年比12.5%減の2,654万台となった。

 今後スマートフォン下取りを組み合わせたキャンペーン展開、フィーチャーフォン生産終了に伴うスマートフォンへの移行が進み、2014年~2019年のスマートフォン出荷台数のCAGRは5.3%と予測している。

photo
国内モバイル・クライアントコンピューティング市場 製品別 稼働台数予測 2013年~2019年
(出典:IDC Japan)


 タブレットは、円安の影響による値上げ、タブレットブームが過ぎたこと、大画面スマートフォンとの競合によって2014年の出荷台数は前年比8.0%増にとどまり804万台となった。家庭市場では既に買替えを中心とした市場に移行し縮小が予測されるが、ビジネス市場では教育市場での導入やWindowsタブレットによる企業での導入が進み、出荷が底上げされることが予測され、2014年~2019年のタブレット出荷台数のCAGRは1.1%と予測している。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!