開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/08/20

サムスン、アップル頼りの半導体メーカーが変わらなければいけない理由

半導体を購入する企業は、全世界で16万5000社を超えている。ガートナーの調査によれば、Samsung Electronics(以下、サムスン)とApple(以下、アップル)は2014年において、半導体ベンダーにとって最大の顧客としての地位を堅持し、両社の半導体需要の合計が世界全体の17パーセントを占めた。こうしたなかガートナーでは、半導体メーカーが販売戦略の多様化を進めるために、大手顧客との不安定な大口取引に依存するのではなく、小規模顧客企業に焦点を当てる必要があるという見解を示した。

photo

半導体売り上げの上位10社企業はどこか?

 ガートナーの調査によれば、世界の電子機器メーカーにおける半導体需要の上位10社の合計は、2013年の1,148億ドルから、2014年には1,256億ドルまで増加した。2014年は、上位10社が世界の半導体消費合計の37パーセントを占めている。

画像
世界の電子機器メーカー上位10社の2014年半導体需要
(出典:ガートナー)


 上位10社が市場全体に占める割合は非常に大きい一方で、最大手顧客のうち数社の過去5年間における発注実績は減少傾向にあり、これらの企業を主たる納入先にしている半導体メーカーにとっては厳しい状況だ。また、サムスンやアップルなどのスマートフォン市場における成功を背景に、過去5年間の発注量を大幅に伸ばしている企業もあるが、こうした企業に納入する半導体メーカーも、大手顧客に依存するリスクへの懸念は高まっている。

 こうしたなか、半導体メーカーが販売先として目を向けるべきなのが新興企業、および小規模エレクトロニクス企業だ。これらの企業による2014年の半導体支出額は783億ドルに上り、半導体市場全体の23パーセントを占めている。このうち、半導体の売り上げ全体に占める上位10社の割合は40パーセント近くに上り、11~100位までの企業が30パーセント、残りの企業で30パーセントという割合になる。

 ガートナーのリサーチ部門主席アナリスト、山地 正恒氏は「半導体業界は非常に大きな変化の中にあり、小規模な顧客が高い利益率や安定成長をもたらしている状況において、限られた数の大手顧客にすべての力を集中させることのリスクが、半導体メーカーの間でクローズアップされている」と指摘。このリスクへの対応として、一部の半導体メーカーは既に小規模な顧客との取引を増やすことに取り組んでおり、他の企業も小規模な顧客との取引増加に向けた戦略の調整が必要であるとした。

【次ページ】IoTの普及によって新興メーカーのムーブメントが起こる

IT市場調査 ジャンルのセミナー

IT市場調査 ジャンルのトピックス

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!