開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/11/30

第二創業を視野に――イーブックイニシアティブジャパンのオフィス移転計画とは?

電子書籍配信サイト「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパン。2000年の創業以来、マンガやライトノベル、ビジネス書など5000万冊以上の電子書籍を販売してきた同社の売上高は、2010年度の11.9億円から2014年度には51.3億円と急成長した。企業規模の拡大とともにオフィス移転を重ねてきたイーブックイニシアティブジャパンだが、2015年6月に構えた新オフィスに対しては、第二創業に向けた願いが込められているという。

photo

イーブックイニシアティブジャパンがオフィス移転にかけた思いとは

 2000年創業のイーブックイニシアティブジャパンは、マンガやライトノベル、ビジネス書など5000万冊以上の電子書籍を販売してきた。特にこの数年は、スマートフォンやタブレットの普及によって、売上げもわずか4年で約5倍に拡大した。

 現在は41万冊を超える品揃えを誇り、会員数も2014年11月に100万人を突破した。グローバル展開にも積極的で、今年4月には中国・上海に合弁会社を設立。さらには11月からインドネシアで日本のマンガを中心とした電子書籍販売サービスを開始している。

 成長過程にあるイーブックイニシアティブジャパンにとっては、余裕のあったはずのオフィスもすぐに手狭になった。スペースだけの問題に加え、部門ごとに形成された島の弊害で社内のコミュニケーションがスムーズにいかなくなったという。

 「創業以来15年の間に3回のオフィス移転を行いました」と語るのが、コーポレート本部 本部長 辻 靖氏だ。

photo
イーブックイニシアティブジャパン
コーポレート本部 本部長
辻 靖氏
「(これまでは)人数が増えたからという以外に特別なコンセプトはありませんでした。インフラもインターネットがつながっていればいいというレベル。第二の創業ということを考え、今回のオフィス移転はこれまでとは全く違う引っ越しをしたいと考えました」(辻氏)

 前回のオフィス移転は2013年6月。約560平方メートルで余裕があると思われたが、特に工夫を凝らしたり、目的をもった配置にしたりということはなく、上司が窓を背に座り、社員たちはデスクを向かい合わせて、「島」を形成するという昔ながらの日本の会社の風景をつくっていた。

 そこで今回の移転では、スタッフ間で情報や感情を共有することを目的に据えた。2015年3月には社内の移転プロジェクトチームを立ち上げ、部門横断的に6人を選抜して議論を進めていった。

【次ページ】第二創業に向けて「島型」コミュニケーションから脱却

ワークスタイル・在宅勤務 ジャンルのセミナー

ワークスタイル・在宅勤務 ジャンルのトピックス

ワークスタイル・在宅勤務 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!