開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/01/07

2016年はどうなる? 海外メディアの報じる3つの2016年予想記事を読む

クラウドのエンタープライズへの浸透、Dockerに代表されるコンテナ型仮想化への注目、ストレージのHDDからSSDへの移行、ビッグデータ関連製品の盛り上がりなど、2015年もIT業界にはさまざまなトレンドがありました。今年、2016年はどのような年になるのでしょうか? 海外のメディアが報じている2016年の予想記事を見てみましょう。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

クラウドの優劣が明確に、開発者の希少価値

photo
5 IT industry predictions for 2016 from Forrester and IDC | Network World
 Network Worldの記事「5 IT industry predictions for 2016 from Forrester and IDC」では、調査会社のForresterとIDCが発表した予測レポートから、重要だと思われる次の5つのポイントが挙げられています。

 基本的には、ビッグデータやクラウドといった2015年に重要視されていたテクノロジーが2016年も引き続き重要性を増していくという予想ですが、これまでITベンダーのあいだで認識されていた開発者の希少性が一般の企業にまで広がっていく点は注目すべきでしょう。上位5つを短くまとめました。

1. レガシーなベンダーは困難に直面するだろう
IDCの予想によると、ITベンダーの30%以上が2020年までになくなるとのこと。

2. クラウドプロバイダーの優劣が明らかに
2016年にはそろそろ市場に残れるほどの規模かどうかがはっきりし始める。

3. ビッグデータはさらに巨大に
ビッグデータの時代はまだ始まったばかりであり、まだそれは1%も分析されたり実際に活かされていない。

4. あらゆる企業はソフトウェア企業になる
ITは「その企業がどうビジネスをしていくのか」という責任と遂行の核心を担うことになる。

5. 開発者は希少なコモディティとなる
企業をデジタルエンタープライズなものにするためのアプリケーションの実装は開発者によって行われるが、そのアプリケーションは従来のエンタープライズアプリケーションとは異なる言語、異なるフレームワーク、異なるデータベースで実装されるだろう。そのためにはこれまでの開発者とは異なるスキルが求められ、そうした開発者は希少な存在である。

クラウド移行の障壁は消え、コンテナがメインストリームに

photo
8 Cloud Computing Predictions For 2016 - InformationWeek
 InformationWeekで2016年のクラウドについて予想した記事「8 Cloud Computing Predictions For 2016」を紹介しましょう。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

イノベーション ジャンルのセミナー

イノベーション ジャンルのトピックス

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!