ようこそゲストさん

  • 会員限定
  • 2018/01/29 掲載

LCCは再び戦国時代へ? 日本の「高コスト体質」が足を引っ張るか

記事をお気に入りリストに登録することができます。
利益体質への転換を果たしたLCC(格安航空会社)業界が再び乱気流に突入しようとしている。各社とも業績が頭打ちになっていることに加え、海外LCCとの価格競争も激しくなっている。今期は厳しい決算になるところが増えるだろう。

執筆:経済評論家 加谷珪一

執筆:経済評論家 加谷珪一

加谷珪一(かや・けいいち) 経済評論家 1969年宮城県仙台市生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。 野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関など対するコンサルティング業務に従事。現在は、経済、金融、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動を行っている。著書に『貧乏国ニッポン』(幻冬舎新書)、『億万長者への道は経済学に書いてある』(クロスメディア・パブリッシング)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)、『ポスト新産業革命』(CCCメディアハウス)、『新富裕層の研究-日本経済を変える新たな仕組み』(祥伝社新書)、『教養として身につけておきたい 戦争と経済の本質』(総合法令出版)などがある。

photo
厳しい決算が予想されるLCC、高コスト体質の日本でこれ以上の最適化は困難か?
(©Artur Grom - Fotolia)


年末年始の実績はまずまずだったが

 主要LCC4社(バニラエア、ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、春秋航空日本)の年末年始期間(2017年12月28日~18年1月3日)における旅客実績は30万7439人となり、前年比で6.6%増加した。このうち国内線は21万9869人で前年比7.1%増、国際線は8万7570人で前年比5.3%増だった。訪日観光客の増加に加え、国内線の新規就航や増便によって旅客数が伸びた。

 JALの実績は国内線が1.6%増、国際線が2.7%増、ANAは国内線が0.8%減、国際線は5.0%増だったので、LCC各社は総じて健闘したといってよいだろう。

 表面上は安定飛行に見えるのだが、内実は少し違っているようだ。

 これまでLCCの中では断トツの業績を誇っていたピーチの国内線実績は4.0%減少、ジェットスターは国際線が4.1%の伸びにとどまるなど、各社の業績はまだら模様となっている。

 市場全体が拡大しているのであれば、各社とも同じような伸びを示すはずである。業績がまだら模様になっているということは、値下げ競争が激しくなり、LCC間で顧客の奪い合いが激しくなっている可能性が高い。こうした兆候は昨年の各社決算にもあらわれている。

2016年には春秋を除いて黒字化に成功

 これまで国内LCCの業績はピーチが圧倒的な水準であった。同社は2014年3月期の決算でいちはやく黒字転換を果たし、その後も順調に増収増益を重ねてきた。これを追うのがジェットスターで、同社の業績は売上高ベースではピーチを上回っており、2016年6月期には営業黒字に転換している。

 同年にはバニラも黒字を達成し、ようやくLCCの経営も軌道に乗るかと思われたが、安定飛行は長く続かなかった。

 2017年3月期におけるピーチの決算は何とか増収増益を維持したものの、営業利益は63億円と前年比2%の増加にとどまった。ジェットスターも売上高こそわずかに前年を上回ったが営業利益は減少している。バニラも一旦は黒字化に成功したが、2017年3月期は再び赤字に転落。年末年始の実績では国際線がマイナスとなっている(図1)。

画像
図1■主要LCC4社の業績

 春秋だけは経営がまだ軌道にのっておらず赤字経営が続いている。赤字幅は減っているが、年末年始における国内線の実績は4割も減少。一方で、国際線は2.3倍増とその違いが際立っている。

 2015年に成田-高松線から撤退し、2016年に開設した成田-関空線も運休するなど国際線の比重を高めている。同社は中国資本による日本の航空会社だが、日本に乗り入れる海外の航空会社に近い位置付けとなりつつある。

 それでは、各社の経営状況をもう少し詳しく分析してみよう。

【次ページ】カギを握るのは「イールド」と「コスト」のマネジメント、日本の高コスト体質が足を引っ張る?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます