ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年12月07日

「ZOZOSUIT」やアマゾン「プライム・ワードローブ」がアパレル業界の常識を覆す

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが、自動的に体のサイズを採寸できる「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を無料配布するというプロジェクトを開始した。スタートトゥデイはツケ払いのサービスを提供したり、配送料を利用者が決める制度を導入するなど、話題性のある取り組みで知られている。一見するとイメージ先行にも思えるが、その背景にあるのは米アマゾンと同様、テクノロジーをベースにした利用者中心主義である。スタートトゥデイの取り組みは、時に批判の対象ともなっているが、人工知能(AI)時代におけるビジネスの本質について理解している数少ない日本企業と言ってよいだろう。

執筆:経済評論家 加谷珪一

photo

スタートトゥデイは伸縮センサー内蔵の採寸用ボディスーツZOZOSUITを発表。送料の200円のみで、無料配布している



1万5000か所のサイズを瞬時に測定するZOZOSUIT

 スタートトゥデイは11月22日、採寸専用のボディスーツZOZOSUITを無料配布(送料200円が別途必要)し、個人のサイズに合った洋服の生産を開始すると発表した。スタートトゥデイはかねてからプライベート・ブランド(PB)「ZOZO」を展開する方針を打ち出していたが、今回の採寸スーツはこのPBで活用される見込み。

 採寸スーツは、伸縮性のあるデザインとなっており、各部分の生地の伸び具合をセンサーが検出。約1万5000か所のサイズを瞬時に計測できるという。採寸データはスマホのアプリを経由してZOZOTOWNのクラウドに送られ、ZOZOTOWN側はそのデータを使ってサイズに合った洋服を提供していく。

 ZOZOTOWNでは、PBとして展開する自社製品に加え、ECサイトに出店しているメーカーの洋服にも採寸データを活用するとしている。このデータがあれば、基本的にサイズの合わない洋服を買うことがなくなるので、利用者は服のサイズで悩む必要がなくなる。

 一方、ZOZOTOWN側にとっては返品リスクが減るとともに、顧客の囲い込みにもつながってくる。行きつけのオーダーメード店の感覚に近くなるので、利用者はZOZOTOWNを通じて購入を続ける可能性が高い。

 このスーツを開発したのは、センサー技術を得意とするニュージーランドのベンチャー企業ストレッチセンス社である。スタートトゥデイは昨年6月に同社に出資。さらに今年の11月には将来的に同社を100%子会社にするためのコールオプション(株式を購入できる権利)を取得している。

 完全子会社にするためのオプション取得と、同社製の採寸スーツ提供が同じタイミングなのは偶然ではないだろう。両社の関係がより密接になることを見越した措置であり、ZOZOSUITが今後の戦略を左右する重要な製品であることをうかがわせる。

アマゾンは試着無料の新サービスをAI連携でスタート

 似たようなアプローチはすでに米国のアマゾンが実施している。同社は今年6月、「プライム・ワードローブ」という新しいサービスを開始した。これは有料会員であるプライム会員を対象に、購入前の服を自宅で試着できるというもの(日本でのサービス提供は未定)。

 アマゾンのサイトでアパレル商品を3点以上を選択すると、専用ボックスで商品が送られてくる。利用者は自由に試着し、気に入らなかったものは同じボックスに入れて返送すればよい。返送料は無料で、気に入った商品はそのまま購入できる。

プライム・ワードローブの紹介動画

 無料で試着・返品できるというサービスはすでに存在しているが、このサービスが画期的なのはAIとの連携が前提になっている点である。

 アマゾンは同じタイミングで、会話型AIスピーカーである「エコー」の機能拡張版「エコールック」を発売している。エコールックは、従来型のエコーに加え、全身写真を撮影する新しい機能を搭載している。カメラやフラッシュが内蔵されており「写真を撮って」と話しかけると、全身写真を自動で撮影してくれる。

 ファッションに関するアドバイス機能も搭載しており、2種類の写真をアップすると、AIが色やデザインを解析し、どちらの洋服が似合うのかアドバイスしてくれる。

 エコールックとアマゾンワードローブのサービスが普及すれば、自分に似合うサイズやスタイルをAIに提案してもらい、該当する商品をネットで購入するという一連の流れが成立する。エコールックには直接サイズを測定する機能はないが、大量の全身写真のデータ蓄積されてくるので、使えば使うほどサイズは最適化されてくるはずだ。

【次ページ】両社に共通するコンセプトは? 数年後にはアパレル業界の常識が一変している可能性も

Web戦略・EC ジャンルのトピックス

一覧へ

Web戦略・EC ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング