開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/04/16

グーグルとネットフリックスが共同開発した分析ツール「Kayenta」とは?

GoogleとNetflixは、共同開発したカナリアリリース分析ツールの「Kayenta」をオープンソースで公開した。新規リリースを本番環境に対して小規模にデプロイし、問題がないかを検証する作業を自動化。より迅速で確実な継続的デリバリを実現する。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

「Canary Release」(カナリアリリース)とは?

 GoogleやNetflixのようにWebサービスを提供している企業では、そのWebサービスに次々と改良が加えられ、1日に何度も新しいリリースがデプロイされています。

 しかし新しいリリースのデプロイはいきなり大規模に行われるわけではありません。リリースされるコードに対しては継続的デリバリのパイプラインの中で一通りの自動テストが行われ、ある程度の品質が保証されているはずです。しかし、それでも新しいリリースに何らかのバグなどが含まれている可能性を排除できません。

 そこで新規リリースはまず、本番環境全体に対していきなりデプロイされるのではなく、ごく一部のユーザーだけに利用されるように小さな割合でリリースされます。そしてしばらくその振る舞いが観察され、問題がないと判断されてから大規模にデプロイされるのです。

 一般に、このような試験的なリリースを小規模に行うこと、あるいはその対象となるリリースは「Canary Release」(カナリアリリース)と呼ばれています。

 これはかつて炭鉱夫が、炭鉱のなかで一酸化炭素や有毒ガスが発生した場合にそれをいち早く察して逃げるため、そうした変化に弱いカナリアを鳥かごに入れて炭鉱に持ち込んだことに由来すると言われています。カナリアリリースは、そのリリースになにか問題があった場合にいち早く気づくためのものなのです。

「Kayenta」を公開。GoogleとNetflixが共同開発

 GoogleとNetflixは、このカナリアリリースの振る舞いを自動的に分析しスコアリングするカナリアリリース分析ツール「Kayenta」を共同開発し、オープンソースとして公開しました(Googleのブログ「Introducing Kayenta: An open automated canary analysis tool from Google and Netflix」、Netflixのブログ「Automated Canary Analysis at Netflix with Kayenta」)。

photo
Kayenta

 GoogleはKayentaを次のように紹介しています。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

オープンソースソフトウェア ジャンルのトピックス

オープンソースソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!