開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/08/08

AI同士のネットワークに人間が取り込まれる「幸せな未来予想図」とは

連載:中西 崇文のAI未来論

AIといえば、なんでもできる「汎用型人工知能」を想像する人も多いだろう。一方、現在サービスを展開している人工知能(AI)のすべてが、ある目的のために開発された「特化型人工知能」である。研究分野の95%程度が“特化型”であり、さまざまな目的に応じて、AIが大量に散在する未来は想像しやすい。このようなAIが目的に応じて協業するようなAIネットワークを形成する日が来るだろう。今回は人間がそのネットワークに取り込まれる形で協業していく未来を考えてみたい。

武蔵野大学 准教授 中西 崇文

武蔵野大学 准教授 中西 崇文

武蔵野大学 准教授、国際大学GLOCOM主任研究員
1978年、三重県伊勢市生まれ。2006年3月、筑波大学大学院システム情報工学研究科にて博士(工学)の学位取得。2006年より情報通信研究機構研究員。ナレッジクラスタシステムの研究開発、大規模データ分析・可視化手法に関する研究開発等に従事。2014年より国際大学GLOCOM准教授・主任研究員。データマイニング、ビッグデータ分析、分脈構造化分析の研究に従事。2018年4月より武蔵野大学准教授、国際大学GLOCOM主任研究員、デジタルハリウッド大学大学院客員教授。専門は、データマイニング、ビッグデータ分析システム、統合データベース、感性情報処理、メディアコンテンツ分析など。

photo
AI同士をネットワークでつなぐと何が起こるのだろうか
(©peshkova - Fotolia)

AIは「コピーしやすい」

 読者の中には、今後技術が発展すれば、「唯一無二で万能かつ絶対的なAIが生まれるのではないか」と想像している方がいるかもしれない。

 一部では汎用型人工知能の研究も進み、多岐にわたる能力を発揮する可能性もあるが、現在多く研究されているのは、特化型人工知能である。

 筆者は特化型であれ、汎用型であれ今後、ますます多種多様で大量の人工知能が我々の生活に浸透し、散在していくのではないかと想像している。

 なぜそのように考えるかは、AIはソフトウェアであるためである。これに関しては、拙著「シンギュラリティは怖くない: ちょっと落ちついて人工知能について考えよう」でも述べたが、ここでもう一度整理する。

 まず、AIはコピーしやすいという性質である。機械は複製するには、それなりの設備投資が必要である。それに対して、ソフトウェア全般に言えることであるが、同じAIを創り出そうと思えば、手元のキーボードでコマンドを叩くだけでいくらでもコピーできる。

 読者の中には、AIは時には学習に大きなコンピューティングパワーが必要であるし、訓練データを保持するストレージも必要なので、やはりコピーは難しいのではないかと思われた方もいるかもしれない。

 現在ではクラウド環境が充実してきているため、ハードウエアのスペック的に新規に準備しなければならないという障壁は小さくなっている。

 仮想化技術がこれだけマチュアな(成熟している)状態であれば、AIが動作する環境も含めて簡単にコピーして使うことができるのだ。

大量のAIが散在し続ける理由

 「コピーしやすいこと」とも関係しているが、AIは亜種が創られやすいという性質がある。

 たとえばプログラムがオープンソースである場合、パラメーターを変えたりプログラム自体を書き換えたりするだけで、全く異なるAIを創り出すことができる。

 また、学習させるデータの中身が違えば、同じアルゴリズムであっても挙動が変わる。AIが色々な応用で使われるようになれば、その目的に応じて様々な種類のAIが生まれることになる。

 さらに、AIがソフトウェアである以上、バージョンアップやアップデートが行われることがあるだろう。WindowsやMacOS、iOS、AndroidなどのOSの状況を考えてみれば良い。

 アップデートをひんぱんに行うユーザーもずっと忘れたりしてなかなかアップデートしないユーザーもいる。同じAIでもバージョンアップされたものとそうでないものが混在しながら存在することになる。

 このような性質から、今後、多種多様なAIがインターネット上や我々の暮らす環境に散在するようになる。目的や抱えている問題に応じて、これらのさまざまな種類のAIを選択しながら使うことになるだろう。

【次ページ】「AIネットワーク」に人間が参加する日

お勧め記事

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのセミナー

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのトピックス

AI・人工知能・機械学習 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!