開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/11/06

準備で「8割」? “ビッグデータの末路”から日本を救うには

連載:中西 崇文のAI未来論

我々はIoTなどによりビッグデータに囲まれて生活することが当たり前になった。数年前に比べて、データの重要性への理解や活用へのモチベーションが上がった理由として、AIがビジネスに応用され始めたことがある。しかしながら、データ活用のすべてをAIが解決してくれるわけではない。手元にあるデータを解決すべき課題に合わせて、「使えるデータ」にできなければAI活用にも結びつかない。

武蔵野大学 准教授 中西 崇文

武蔵野大学 准教授 中西 崇文

武蔵野大学 准教授、国際大学GLOCOM主任研究員
1978年、三重県伊勢市生まれ。2006年3月、筑波大学大学院システム情報工学研究科にて博士(工学)の学位取得。2006年より情報通信研究機構研究員。ナレッジクラスタシステムの研究開発、大規模データ分析・可視化手法に関する研究開発等に従事。2014年より国際大学GLOCOM准教授・主任研究員。データマイニング、ビッグデータ分析、分脈構造化分析の研究に従事。2018年4月より武蔵野大学准教授、国際大学GLOCOM主任研究員、デジタルハリウッド大学大学院客員教授。専門は、データマイニング、ビッグデータ分析システム、統合データベース、感性情報処理、メディアコンテンツ分析など。

photo
AIで分析を進めるにはデータを「使える」形にする必要がある
(©Golden Sikorka - Fotolia)

産業データの活用は「まだまだ」

 データの活用が現状について、平成29年度版情報通信白書を見ていくことにしよう。企業でのサービス開発・提供などに関連する「産業データ」に限ると、「既に積極的に活用している」または「ある程度活用している」と回答した日本企業は合わせて51.8%となっている。

 アメリカ企業では69.4%、イギリス企業では64.5%、ドイツ企業では72.1%という結果が出ており、日本の「産業データ」活用状況はやや遅れていることがわかる。

 さらに、「産業データ」について、「活用する予定がない」と答えた日本企業は22.9%と、アメリカ企業の10.5%、イギリス企業の11.5%、ドイツ企業の8.7%と比べて高かった。

 このことから、日本では、まだまだデータ活用の重要性を広める必要があると思われる。日本のAI技術、活用が諸外国、特に中国、アメリカと比べて遅れているとさまざまな識者が論じている。実はこのようなデータ活用のモチベーションの低さが、日本のAI技術、活用の遅れを生み出しているのではないかとも考えられる。

 データをうまく活用するために、(1)データを適切に扱うためのAI研究・開発が行われ、(2)その結果新たなAI技術が生まれていき、(3)生まれた技術がまた別の領域で使われて、(4)さらにAIやデータの活用、開発が進む、というサイクルがうまく回っていないと推察される。

画像
サービス開発・提供等のデータ活用状況(産業データ)
(出典:総務省 平成29年度版情報通信白書

今後はどんな領域でデータ活用が進むのか

 今後想定されるデータ活用については、国によって大きく異なる。日本企業では、「商品企画」「製品・サービス設計」が今後想定されるデータ活用先として期待が高く、逆に「生産」や「流通・販売」は低い。

 この点について、日本では、「生産」「流通・販売」関連データの活用先がないのではなく、すでにデータが活用されてきたという認識の表れではないかと考えられる。

 生産や流通、販売といった、データを「効率化のツール」として語られていた領域から、商品企画、製品・サービス設計といった「創造性を生かす現場」に期待が集まっているようだ。

 アメリカ企業では「研究開発」や「商品企画」が特に高く、ドイツ企業では、「生産」「流通・販売」「アフターサービス」が特に高い。アメリカにおいても、効率化よりも創造性を生かす文脈でデータ活用を期待しているのであろう。

 それに対し、ドイツ企業では「インダストリー4.0」の流れもあり、工場での生産管理、流通販売の最適化、商品のサービス化などの領域にデータ活用のポテンシャルを感じているのではないか。

画像
今後想定されるバリューチェーンにおけるデータ活用
(出典:総務省 平成29年度版情報通信白書

 日本では、データ活用の重要性が広まりきれていないが、将来については、創造力を手助けするような新たなデータ活用先を求めていることが見えてくる。

 データ活用の話になると、「データが集まらない」「集めるコストがかかる」「データはあるが使えない」「データを使えるようにする方法が不明」という声を聞く。先に述べた通り、この課題はそのままAI活用の遅れに結びついてしまう。「どのように使えるデータを生み出すか」が鍵となるのだ。

【次ページ】眠っているデータを使えるデータへ

お勧め記事

ビッグデータ ジャンルのトピックス

ビッグデータ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!