開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2019/12/24

日本製造業の勝ち筋は“光・量子”にある? 具体化するCPSプロジェクトが目指す現実解

国家重点プログラムとして内閣府が主導する「戦略的イノベーション創造プログラム」(SIP)の第二期課題「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」公開シンポジウム2019が先ごろ開催された。パネルディスカッションでは「光・量子技術の研究と実装化された社会の姿について」をテーマに、日本が推進するSociety 5.0時代を支える光・量子技術の社会的なインパクトについて、本SIP課題のプログラムディレクターや業界の識者が熱い議論を交わした。日本が長年積み重ねてきた研究の成果が、いよいよ世界を揺らそうとしている。

画像
シンポジウムは東京大学本郷地区キャンパスの伊藤謝恩ホールで行われ、約350名が参加した

Society 5.0実現を加速度的に進展

 SIP第二期の12課題の1つ「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」では、Society 5.0実現を加速度的に進展させるためにサイバーフィジカルシステム(CPS)基盤の創出が重要な役割を果たすと考えている。

 CPSは、現実世界のフィジカル空間にある多様なデータを仮想世界のサイバー空間に集めて、AI技術などで解析したのち、その結果をフィジカル空間に戻して実社会を豊かにするというコンセプトである。

関連記事

 本SIP課題では、CPSの要素技術として「光・量子通信」(量子暗号技術・量子セキュアクラウド技術)、「光電子情報処理」(次世代アクセラレータ基盤)、「レーザー加工」(CPS型レーザー加工機システム・空間光制御技術・フォトニック結晶レーザー)という3領域にフォーカスして研究開発を推進しているところだ(下図)。

画像
CPSを構築するための光・量子関連要素技術。SIPでは「光・量子通信」「光電子情報処理」「レーザー加工」の3つの領域にフォーカスしている

日本は小型化、素材、製造技術で戦い、国際標準を推進すべき

photo
ファシリテーターを務めた
東芝
特別嘱託 工学博士
プログラムディレクター
西田 直人氏
photo
東京大学
総合文化研究科・教養学部
特任講師
内田 麻理香氏
 セッションの初め、光・量子課題のプログラムディレクターでパネルディスカッションのファシリテーターを務める西田 直人氏は「光・量子の技術で加速するサイバーフィジカルシステム(CPS)の可能性」というテーマを論じるにあたり、「日本企業は今後も世界に通用する技術力を維持できるのだろうか?」という問いを有識者に突きつけた。

 朝日新聞の論壇委員として活躍する東京大学の内田 麻理香氏は「いま日本企業はGAFAにやられていますが、情報化を進めるにあたりモノと情報は切り離せません。そこで、日本のお家芸である“小型技術”に注目すべきです。SIP光・量子課題がレーザー加工領域で研究を進めるフォトニック結晶レーザーは、デバイスの小型化と光の進路の制御技術でイノベーションを起こせるでしょう」とし、日本のモノづくり技術によって活路を見いだせることを示唆した。

 まだ日本には技術力は十分にある。しかし、いまの時代は技術力以外だけでは世界に通用することは難しいだろう。西田氏は「メディアの視点から、技術以外に何が求められるのでしょうか?」と弊誌「ビジネス+IT」編集長の松尾 慎司にたずねた。

photo
レーザー加工領域で開発されたフォトニック結晶レーザーの展示。顕微鏡の下にあるデバイスが実物大のもの。従来のようにミラーを使わず、電磁界分布を変化させ、結晶内部でレーザーの経路を制御して出力することが可能

photo
SBクリエイティブ
ビジネス+IT編集部 編集長
松尾 慎司
 松尾は「日本が技術力を伸ばす以外でやるべきことは、まず標準化ではないか」と話し、「世界の動きの中で日本がどういうスタンダードを作っていくかがポイントになる」と強調した。

 さらに「日本は最終消費財の力は弱くなっていますが、その背景にある素材や製造の技術には一日の長があります。匠(たくみ)の技を継承し、スマート製造やCPSにつなげることもポイントです。いまIT分野ではオープンイノベーションが活発化しています。欧州では産官学が密接に結びつき、非競争領域と競争領域とを住み分けて戦っています。日本が戦いに勝つためには、各プレーヤーがつながる場、“コネクテッドインダストリーのプラットフォーム”が重要でしょう」と続けた。

【次ページ】量子暗号化の国際標準を主導、GAFA級のCPSプラットフォーマーを日本から

お勧め記事

製造業IT ジャンルのセミナー

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!