開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/08/03

吉野家のデリバリー専門店は「業界秩序の激変」の予兆か?外食産業を待ち受ける未来とは

街中にひっそりと佇む「吉野家」のデリバリー専門店がネットで話題となっている。この店舗は中にキッチンがあるだけで、顧客が入店して牛丼を食べることはできない。新型コロナウイルスによって外食産業は致命的な打撃を受けているが、吉野家や日本マクドナルドのように、厳しいながらも業績を維持もしくは拡大している企業がある。こうした企業に共通しているのは、デリバリーへの対応力である。今後は、デリバリーを前提にしたまったく新しい業態が登場し、外食産業の業界序列は激変するだろう。

経済評論家 加谷珪一

経済評論家 加谷珪一

加谷珪一(かや・けいいち) 経済評論家 1969年宮城県仙台市生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。 野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関など対するコンサルティング業務に従事。現在は、経済、金融、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動を行っている。著書に『貧乏国ニッポン』(幻冬舎新書)、『億万長者への道は経済学に書いてある』(クロスメディア・パブリッシング)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)、『ポスト新産業革命』(CCCメディアハウス)、『新富裕層の研究-日本経済を変える新たな仕組み』(祥伝社新書)、『教養として身につけておきたい 戦争と経済の本質』(総合法令出版)などがある。

画像
今後は、デリバリーを前提にしたまったく新しい業態が登場し、外食産業の業界序列は激変する
(Photo/西村尚己/アフロ)

コスト構造がまったく異なる

 先月、ツイッター上で不思議な吉野家の店舗が話題となっていた。通常の店舗とは異なり、大きな目立つ看板はなく、小さなドアがあるだけの建物である。だが、よく見るとオレンジ色の「吉野家」という小さな看板が目に入る。これは吉野家が試験的にオープンしたデリバリー専門店で、一般的な店舗のように顧客が入店して食事をする仕様にはなっていない。通常の看板を掲げると顧客が間違って入店する可能性があるので設置しなかったそうだが、看板がないとウーバーイーツや出前館などの配達員が迷ってしまうため、小さな看板を掲げたという。

 建物の入口上部にはテント屋根が張られているが、文字を塗りつぶしたような跡がある。またファサード(建物の正面)には看板を取り外したような痕跡も見える。おそらくだが、以前はスナックなど飲食店として使われていた物件を居抜き(そのままの状態で賃借すること)で借りたものと推察される。

 通常、飲食店が新しく店舗をオープンする場合には、かなりの初期投資がかかる。大手チェーン店の場合、規格が統一されており、大量に発注するので、ある程度はコストダウンが期待できるが、内装(壁や床、ドアなど)や看板、什器備品、厨房設備などをすべて揃えるには相応の支出が必要である。しかも業務で用いる場合には痛みが激しいので、5~7年程度で設備をリニューアルしなければならない。飲食店にとってこうした設備投資負担は極めて重い。

 ところが、デリバリー専門店は、今回のケースのように居抜きでもまったく問題ない。看板や内装といった初期投資が不要となることからコストが安く済むことに加え、場所の制約がないという点も大きい。

 このようなことを書くと、一部の読者は不快に思うかもしれないが、飲食店の業績のほとんどは「味」ではなく「立地」で決まるというのがこの世界の常識である。本来、飲食店は味で勝負すべきだが、現実にはよほどの有名店でもない限り、交差点の角や繁華街の道路に面した店舗にはかなわないのだ。

 こうした事情から、外食産業では条件の良い場所の争奪戦となっており、多数の来客が見込める物件の賃料はまさに青天井という状況だった。しかしデリバリー専門店なら場所にこだわる必要はなく、賃料は一気に安くなる。

画像
飲食店の業績のほとんどは「味」ではなく「立地」で決まるというのがこの世界の常識である。しかし、デリバリー専門店なら場所にこだわる必要はない
(Photo/Getty Images)
 

外食のデリバリーは不可逆的な現象

 デリバリーの場合、ウーバーや出前館といったデリバリー事業者に手数料を支払う必要があるため、飲食店の利益率が下がる。だが、デリバリーを思い切って拡充し、徹底的なコスト削減を実現すれば、デリバリー中心でも十分に利益を出せるはずだ(もともとラーメン店や寿司店は出前を大前提にしており、出前込みで収益が計算されていた)。吉野家が実験店舗を出しているのは、デリバリー・ビジネスのフィジビリティ(実現可能性)を検証することが目的と考えられる。

 重要なのは、外食産業のデリバリー化は決してコロナによる一過性のものではないという現実である。ウーバーイーツをはじめとするデリバリー・サービスの台頭によって、米国では数年前からレストランの廃業が相次いでいた。デリバリーは単に便利なので利用されているのではなく、IT化によるビジネス環境の変化が大きく関係している。

 ここ数年、ビジネスのITシフトが急ピッチで進んでおり、仕事は以前と比較してより個人完結型になった。欧米はもともと個人単位で仕事を進めるケースが多かったが、それに拍車がかかった格好だ。これによって、職場の同僚とランチやディナーに行く回数が減り、代わりにデリバリーを頼む人が増えている。

 プライベートでも、百貨店やショッピングモールに行く人が減り、多くの買い物をネットで済ます人が増加した。ショッピングと食事はセットになっているので、ネット通販の利用が増えれば、当然、飲食店の利用は減る。

 つまり、外食産業のデリバリー化は、IT化というイノベーションがもたらした構造的なものであり、不可逆的な現象と考えた方が良い。

 マクドナルドはグローバルに展開するチェーン店であり、米国をはじめとする諸外国の状況をよく理解している。吉野家は、牛丼という、いかにも日本的な商品を扱っているが、米国で発展したチェーンストア理論を1960年代に日本でいち早く導入した実績があり、米国の消費市場動向にはかなりの知見を持つ企業だ。


 こうした感度の高い企業は、数年前からデリバリーシフトのインパクトの大きさを理解しており、他社に先がけて準備を行ってきた。こうしたタイミングでコロナ危機が発生したことで、他社との違いが鮮明になっただけである。

【次ページ】市場構造は激変する?外食産業の未来予想図とは

お勧め記事

競争力強化 ジャンルのセミナー

競争力強化 ジャンルのトピックス

競争力強化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!