• 会員限定
  • 2021/12/09 掲載

クラウド型セキュリティゲートウェイとは何か? 2割の企業が移行を検討のワケ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
新型コロナ対策を通じてオンプレミス型のネットワークの限界が顕在化した。エンドポイントが社外に拡大することによって、ゲートウェイ(GW)がボトルネック化したのである。この問題の対応に向けて脚光を浴びているのが、社外PCとクラウドとの通信をインターネット上で完結させ、オンプレミスのGWの問題を抜本的に解消するクラウド型セキュリティゲートウェイサービス(クラウド型セキュアゲートウェイ/クラウド型セキュリティGW)だ。そして、実はクラウド型セキュリティGWはネットワークを進化させる可能性を秘めていると説くのは、ガートナー リサーチ アドバイザリ部門 バイスプレジデント,アナリストの池田武史氏だ。

執筆:フリーライター 岡崎勝己

執筆:フリーライター 岡崎勝己

画像
図1:リモートワークを機に社外に配置されたPCやWeb会議などのクラウドとの通信が急増した結果、GWがボトルネックになることで通信遅延の問題が深刻化している
※本記事は2021年3月9日視聴のガートナー主催Webinar「クラウド中心のネットワーキング:新しい基準に移行する(Airing in Japanese)」の内容をもとに執筆者が再構成したものです。

リモートワークでGWが通信のボトルネックに

 増え続けるトラフィックをどうさばくかはIT担当者にとって長年の懸案事項だ。インターネットの利用拡大を背景に、多くの企業でその対応が継続的に進められてきた。そうした中、新型コロナによるリモートワークの急拡大によって、問題が一気に深刻さを増している。理由は企業ネットワークの構成を見れば理解できるだろう。

 基本は外部脅威から社内のITリソースを遮断するための閉域網構成だ。そのうえで、インターネット利用のために境界へセキュリティGWを設置する。

 問題は、リモートワークを機に、これまで社内の保護下にあったPCが閉域網外に大量に配置されることとなったことだ。社員が業務を進めるには社内システムへのアクセスが必要となり、当然、過去になかった量のトラフィックがGWに集中することとなる。そこに、業務継続などを目的としたWeb会議などのクラウドサービスの利用急増という要因が加わった(図1)。

 ガートナー リサーチ アドバイザリ部門 バイスプレジデント,アナリストの池田武史氏は、「社外PCのインターネットへのアクセス時には多くの場合、エンドポイント保護のためにVPN接続でトラフィックがGWを経由すること、また、Web会議などでは大量のデータのやりとりが生じることなども挙げられます。これらの要因が積み重なることで、セキュリティGWにボトルネックが生じ、通信遅延の問題が顕在化しているのです」と状況を解説する。

クラウド型セキュリティGWとは何か?

 では、どう対応するべきなのか。解消法は、ネットワークや各種装置の増強を通じた通信スループットの向上、別の経路を用意することでの迂回、時間をずらしてのアクセス分散の3つである。

 このうち、スループット向上のための新たなアプローチとしてここにきて注目されているのが「クラウド型セキュリティGW」だ。

 クラウド型セキュリティGWとは、文字通り、クラウドでセキュリティGWの機能を提供するサービスだ。最大のメリットは、社外PCとクラウドとの通信がインターネット上で完結すること。これにより、オンプレミスのGWに起因する通信遅延を抜本的に解消できる(図2)。

画像
図2:クラウド型セキュリティGWでは社外PCとクラウドとの通信をインターネット上で完結でき、オンプレミスのGWに起因する通信遅延を抜本的に解消できる

 モバイルやクラウドの利用を背景に数年前に登場した。以来、利用の裾野を広げ、ガートナーが2021年1月に行った調査では、新型コロナ対応で優先すべき対策として、「セキュリティGWのクラウド型への移行」を挙げる企業は19.2%に達している。

 ただし、クラウド型セキュリティGWは単なる通信スループットの向上策にとどまらないと池田氏は付け加える。

「注目すべきは、通信での“柔軟なアクセス権限の付与”と“トラフィック制御”における機能発展の可能性です」(池田氏)

 企業ネットワークの在り方は今後、DXの進展を背景に大きく変化することが確実視されている。閉域網を基本とする社内システムの接続先は、IoTによる各種管理や新ビジネスを目的に、工場や店舗、ビルから顧客やパートナー、さらに各種サービスまで急速に多様化しつつある。

「従来からの内と外とを隔離する企業ネットワークの考え方では、要求が複雑化するネットワーク環境への対応は到底困難です。そうした中、クラウド型セキュリティGWはシステムやサービスの“つなぎ役”として、クラウドを中心とするネットワークへの推進する役割が期待されているのです」(池田氏)

【次ページ】クラウド型セキュリティGWの3つのメリット、ゼロトラストに貢献も

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます